幻の青い蝶の物語~奇跡の実話~

 

メリークリスマス!シンジュンです。(・∀・)

 

 

個人的に、私は昨日クリスマスパーティーが終わったので、なんだかクリスマスは終わった感じがしていますが、(;’∀’)

しかし一般的には12/25がクリスマス当日!

今日はクリスマス奇跡の夜にちなんで「奇跡の実話」をご紹介します☆彡(*‘ω‘ *)

 

 

(最近日記についての記事を書いていたので、過去の日記を少し見返していたのですが、その中で見つけたお話です。(‘ω’)

幻の青い蝶の物語

 

日記によると「2004年8月5日」にテレビ「奇跡体験アンビリバボー」という番組を見たそうです。(自分が大学1年生の時)

日記の文面から察するに、かなり感動した様子で記録されていました。笑

 

 

話の内容はこうです。( ˘ω˘ )

 

 

 

ある末期がんにかかった10代の少年がいました。

その少年は余命3か月と医者に宣告されます。(‘Д’)

 

 

その少年は「蝶」がとても好きで、生きている間に「幻の青い蝶」を見たいと言います。

この青い蝶というのは中南米だけに生息するものすごく珍しい蝶らしいのですが、それを死ぬ前に見たいと言い出します。( ˘ω˘ )

 

 

しかしこの少年が余命を宣告され、幻の青い蝶を見たいと言い出した時は「冬」でした。

そしてその幻の青い蝶は「夏場」の蝶だったのです。(; ・`д・´)

 

 

余命3か月を考えた時に、到底幻の青い蝶を見つけることは時間的に不可能でした。(; ・`д・´)

 

 

それでも子供の願いを死ぬ前に何とかしてでも叶えてあげたいと願う両親は、

車いすの末期がんの少年を連れて、中南米に向かいます。

 

 

時期的に考えても到底不可能に思えたこの青い蝶探索ですが、

何という偶然か、奇跡か!!!

 

 

少年は幻の青い蝶を見つけることができたのです!!Σ(・□・;)

 

 

自分の日記には、

「自分が思うに、まるで蝶が自らその少年のために現れたようだった」

と記録されていました。笑

 

 

しかし、これだけでも驚くべきことですが、

本当に驚くべきはこの後!!(; ・`д・´)

 

 

 

なんと……!!(; ・`д・´)

 

 

 

幻の青い蝶探索から帰って来てみると、

少年の体を蝕んでいた「癌」が、無くなっていたのでした!!Σ(・□・;)

 

 

 

なにーーーーー!!!! ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

 

 

奇跡が奇跡を呼んだ、おどろくべき出来事でした。( ・`д・´)

 

ブルーモルフォ、幻の青い蝶

(幻の青い蝶と言われている「ブルーモルフォ」)

映画「天国の青い蝶」

 

実はこの話、映画化されています。(´・ω・`)

映画よりも映画っぽい話なので、されてもおかしくないなと思いますが。(^^;)

 

 

「天国の青い蝶」という映画です。

天国の青い蝶

 

今、この映画について調べてみたのですが、

公開日時が「2004年8月14日(土)」になっていました。

 

 

つまり、

奇跡体験アンビリバボーで放映されたのが「2004年8月5日(木)」なので、すぐ次の土曜日に公開されたことになりますね。

両者が相談しあって、そうしたのかどうかは分かりませんが、うまくやった感じになっています。(;’∀’)

テレビを見て「へ~不思議~」と思った人が、そのまま映画を見る流れができていますね。

 

 

最後に

 

当日、幻の青い蝶の話を聞いて、感動したのか、自分の日記は以下のように締めくくられていました。笑

 

こういう話を聞くと、神の存在を認めるような気になってくる。

あまりにも話が出来過ぎていて、どこぞの小説や物語なんかよりも、よっぽど神秘的じゃないか!

「現実は小説よりも奇なり」とはよく言ったものだ。

この世はうまくいっている何よりの証拠のような気がした。

そしてその背後に、大いなる意志の存在を感じずにはいられない。

 

神様の存在など信じていない人が書いたとは思えない内容。笑( ´艸`)

 

 

しかしこういう奇跡的な出来事を見ると、本当にこの世界は不思議だなと感じざるを得ません。( ˘ω˘ )

 

 

今日は奇跡の日クリスマス……

今日もまた世界のどこかで、このような奇跡の出来事が起こるのでしょうか?(*‘ω‘ *)

 

 

【今日の二言まとめ】

1.幻の青い蝶の物語は感動!

2.科学を勉強すればするほど、この世界はあまりにもうまく行き過ぎていると感嘆!( ・`д・´)

ブルーモルフォとキノコ

【関連記事】

夕焼けがとっっても美しかった件~虫の知らせ~

↓20年以上自分の血液型を間違えていた人の話

自分の間違った認識に縛られない~自由の要素~

 

コメントを残す