本当に退屈な時間をどう過ごす?

 

サバイディー、シンジュンです。(・∀・)

 

 

前回「楽しい人生とは?~「つまらない」と言う姿勢~」という記事を書きました。

後輩が言った「つまらない」という一言から、いろいろ考えて「楽しい人生とはどういう人生か?」ということについて書いてみました。

 

 

その記事を書いている時に、過去、本~~~当につまらなかった時間のことを思い出しました。笑

その時のことを、少し書いてみようと思いました。(・∀・)

あなたなら、本当に退屈な時間があったら、どのように対処して過ごしますか??(‘;’)

 

退屈そうなネコ

(猫「猫的には対処とか無理」)

本当に退屈だった時間

 

今から4年以上前の話ですが、、、

40人ほどのある会議がありました。

 

 

その時は、私の仕事が変わるタイミングだったので、

その会議の内容は、自分にとっては全く関係のないものでした。(‘Д’)

聞いても仕方がなく、更に意見を出すこともできない状況だったので、

非常~~~に何もできない、いわゆる<退屈な時間>になってしまいました。(‘Д’)

 

 

その時間が1時間以上ありましたが、

最初は何とかこの状況を楽しく過ごすことはできないかと考えてみました。( ˘ω˘ )

 

 

しかし30分くらいいくら話を聞いてみても、考えてみても、

特に会議の内容から学ぶべき得るものもなく、どうしようもない状況になりました。(‘Д’)

 

 

かと言って、席を立つこともできないこの状況。(;’∀’)

普通だったら、いわゆる「眠くなる」状況。

 

 

あなただったら、このような状況の中で、どう過ごしますか?(´・ω・`)

 

眠いネコ

(猫「まあ俺だったら寝るね」)

退屈な時間をどう過ごす?

 

もちろん、いろいろな方法がありそうです。( ˘ω˘ )

 

 

人間観察をする。

全然違うことを考えて、空想する。

猫のように寝る! (; ・`д・´)

 

 

寝れたら一番良かったし、

人間観察も楽しそうですが、( ´艸`)

 

 

その時の自分はどうしたかというと、、、

 

 

「う~ん」と考えて、ふと、、、

 

 

「よし、<詩>を一篇書こう!」(*’▽’)

 

 

と、突然思い立ちました。(*‘ω‘ *)

 

 

それで手に持っていた紙(レジュメ)に、

その場でそのまま<詩>を一篇書きました。

 

 

題名はそのまま「退屈」。笑

 

 

でも実はその時、なかなかいい詩が書けたのでした。(*‘ω‘ *)

(あくまで自己評価で。)

 

 

その詩は今も<記録>に残っています。(*‘ω‘ *)

 

ペンで字を書く

意味ある時間

 

あの1時間の会議の中で出た話の内容、

今では<一つも>覚えていません!!( ゚Д゚)

(もちろんちゃんと聞いていなかったことが原因ですが)

 

 

非常~~に退屈な、

非常~~にどうしようもない時間でしたが、

今、私の手元に残っているのは、

あの時書いた<詩一篇>だけです。( ˘ω˘ )

 

 

「あ~、こういうことって、人生において、たくさんあるな~」と感じます。( ˘ω˘ )

 

 

最近ある人から「今日は高校の卒業式です」と言われて、

「あ~、もうそんな時期か」と思いました。(‘;’)

 

 

それで「自分の高校の卒業式はどんなだったっけな~」(‘;’)と思って思い出そうとしてみましたが、

 

 

……全然、思い出せない!!(; ・`д・´)

 

 

卒業式なのだから「校長先生の言葉」とか「送辞・答辞」とかあったはずなのに、

全~~然覚えていない自分がいました。(; ・`д・´)

 

 

「ああ、こうやって人生、どんどんいろんなことを忘れていくんだな~」と思います。( ˘ω˘ )

 

 

「そうなると、人生一体何が残るのだろうか?」と考えざるを得ません。

 

 

とりあえず、あの非常~~に退屈だった1時間の中で、

私の手元に残っているのは<詩一篇>だけです。(‘;’)

 

 

そう考えると、

私にとっては人生の一部とも言えるような、

とても大事な<詩>に思えてきます。( ˘ω˘ )

 

 

あなたの人生において、

一体何が残っていますか??(‘;’)

 

本

【関連記事】

楽しい人生とは?~「つまらない」と言う姿勢~

失敗とは何か?~失敗しない人生~

コメントを残す