消費者としての自分、生産者としての自分

 

シン・チャオ~、シンジュンです。(・∀・)

 

 

ある日、自転車でサッカーに向かっていました。(‘ω’)

 

 

その時ふと、自分の身に着けている物、持っている物を見た時、

ほとんどが<もらった物>であることに気が付きました。(・□・;)

 

 

自転車は弟からもらった物で、スポーツウェア上下ももらった物、

ソックスとスパイクもプレゼントでもらった物、背負っているカバンももらった物、、、

7~8割は、以前誰かからプレゼントしてもらった物であることに気が付きました。( ・`д・´)

 

 

「感謝だな~」と思いました。(*‘ω‘ *)

 

 

その時、ふと考えたことがありました。( ˘ω˘ )

今日はそれをご紹介したいです☆彡

 

プレゼント

消費者としての自分

 

非常に感謝なことに、私は<お土産>をもらうことが多いです。(*‘ω‘ *)

私自身はどこにも行かなくても、いろんなところから帰ってきた人が、いろんなお土産をくれるので、行ったことがなくても「ああ、ここと言えばこのお土産だよね」みたいな感じの「行ったことないけど知ってるふり」ができます。笑( ´艸`)

 

 

仕事柄、我が家にはお客さんが来ることが、比較的多い方なので、

もらったお土産は、お客さんが来た時にお茶と一緒に出して、会話に花を咲かせます♪(*‘ω‘ *)

 

 

ところがもらったお土産を<消費>するのに、結構時間がかかる場合もあります。( ˘ω˘ )

 

 

ある時、ふと思いました。( ˘ω˘ )

 

 

「自分は<消費>してばっかりだなー」(‘Д’)

 

 

その時「消費者」(consumer)という言葉を思い出しました。( ˘ω˘ )

wikipediaによると「消費者」とは「財やサービスを消費する主体」だそうですが、まさに<それ>だなと。(‘Д’)

 

 

買った物、もらった物を消費する<主体>、

食べて、使っている<主体>でした。(‘Д’)

 

 

もう少し言えば、

使ってばかり、食べてばかり、消費してばかりいる<主体>だなーと思いました。( ˘ω˘ )

 

 

この時、ふと考えました。( ˘ω˘ )

 

 

<消費者>がいるということは、反対に必ず<生産者>がいる訳で、

生産者が生産してくれたものを、自分が消費している訳だ。

 

自分は<消費>してばかりでいいのか?

 

自分も何かを<生産>すべきじゃないか?

 

自分は一体何を<生産>しているのだろう?」(‘;’)

 

リンゴ

生産者としての自分

 

この時<生産者>としての自分について考えました。( ˘ω˘ )

 

 

他の人が生産してくれたものを<消費>ばかりして終わる人生は嫌だなと。(; ・`д・´)

<消費>した分、もしくはそれ以上に、自分も<生産>できる人間でありたいなと思います。( ˘ω˘ )

 

 

私はトマトを作ったり、お米を作ったり、服を作ったり、家を作ったりはしていません。

なので分かりやすい<物>という観点では、何も生産していません。

ひたすら<物>を消費している側の人間、「消費者」です。( ゚Д゚)

 

 

「自分は何を生産しているだろうか?」(‘;’)

と考えてみた時、自分なりの答えとしては、、、

 

 

「ああ、自分は<人>を生産している!」(*‘ω‘ *)

と思いました。

 

 

つまり「人を育てている」「人材を作っている」と言う意味です。

これは<他人>もそうだし、<自分>もそうです。( ˘ω˘ )

 

 

<自分自身>を生産し、

また<他人の価値>を生産しています。(*‘∀‘)

 

 

自分としては納得のいく結論だったので、

そこで思考は終わりました。(*‘∀‘)

 

 

あなたはいかがでしょうか?(‘;’)

 

 

<消費者>としての自分だけでなく、

<生産者>としての自分もまた、考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

あなたは何を<生産>していますか??(‘;’)

 

 

【今日の二言まとめ】

1.生産者としての自分を見つめる。

2.我が家のお土産BOXにはまだ十分な余裕がある。

電球とコンセント

(<生産>と同時に<消費>!)

 

【関連記事】

私が母に5000円以上の<花束>をプレゼントした理由

誕生日プレゼントの<認識>

最もよく「使う」プレゼント

コメントを残す