寄付する?しない?~寄付する姿勢~

 

メルハバ~、シンジュンです。(・∀・)

 

 

最近繫華街を歩いていたら、何だか気が弱そうな感じの外国人の女性に呼び止められました。( ・`д・´)

急いで帰らないといけない時だったのと、勧誘に捕まるのも嫌だったため、素通りしようかなとも一瞬思いましたが、なぜか足が止まりました。(‘;’)

 

 

肌が浅黒いアジア系の女性でしたが、ある慈善活動団体で、海外の貧しい子供たちのための寄付金を集めているという話でした。

あなただったら寄付しますか??(‘;’)

 

 

その時に師匠の言葉を思い出し、自分を振り返らされました。( ˘ω˘ )

今日はその話をご紹介します。(*‘ω‘ *)

 

寄付金

寄付する?しない?

 

急いでいたので、その瞬間はあまり深く考える時間がありませんでしたが、、、(-_-;)

 

 

まず、よくこの手の詐欺団体というのはあります。(‘Д’)

つまり海外の貧しい子供たちのためと言って寄付金を集めて、自分たちで使う詐欺です。(‘Д’)

 

 

その時ラミネート加工された名刺のようなものを見せられましたが、

団体名(アルファベット3文字)と電話番号などが書いてあり、本物っぽい印象は受けました。( ˘ω˘ )

 

 

そして手帳を開いていて、寄付してくれたらそこに名前と金額を書いてくれと言うことでした。

見てみると自分よりも前に4~5人くらい寄付していて、金額もバラバラで書いてありました。( ˘ω˘ )

 

 

①本物っぽかったのと、

②もし本当に頑張って寄付金を集めようとしてるのに、疑ったら可哀そうだなと思ったのと、

③実際にもし詐欺だとしても、大した被害金額じゃないな、

ということを瞬間考えて「いいですよ」(‘ω’)と答えて、寄付しました。

「寄付した」と言えるくらいの金額は寄付しました。笑

 

 

急いでいたので、寄付して名前を書いて、

「頑張って下さいね」(・∀・)

と一言言って、すぐに立ち去りました。

去り際に瞬間見た感じだと、「頑張って下さいね」と言われて、さっきまで気が弱そうな雰囲気だった女性も、ちょっと笑顔になっていたので詐欺ではない感じの印象でした。

自分としてはもうどちらでも大丈夫ですが。(‘ω’)

 

 

その場では急いでいたので、瞬間で考えられませんでしたが、

その後帰りながら、少しこのことについて考えてみました。( ˘ω˘ )

 

 

その時、

「ああ~~、失敗した~~」( ゚Д゚)

と思いました。(-_-;)

 

驚く男性

(「ど、どうした??」)

その後考えてみると

 

後々考えてみると、何が失敗だったかというと、

<自分の寄付する姿勢>でした。(-_-;)

 

 

 

急いでいたというのは言い訳としてありますが、

寄付する時、完全に「私寄付する人」「あなた寄付受け取る人」という構図で認識している自分がいたなと反省しました。(-_-;)

つまり無意識の内に「私助ける人」「あなた助けを受ける人」みたいな<上から目線の姿勢>でいたことを反省しました。(-_-;)

 

 

寄付し終わって、歩きながら数十メートル行ったあたりで反省しました。(-_-;)

 

寄付

(極端に表現するとこんな感じ)

 

 

<私の師匠>は昔自分も貧しかったけれど、それでももっと貧しいホームレスの人や貧しい人を頻繁に助けていたそうですが、

その時は、相手の目線まで降りて、同じ位置で、相手を本当に思いやる心で渡していたことを思い出しました。( ˘ω˘ )

 

 

瞬間のことでそこまで頭が回らなかったということもありますが、

「相手と同じ目線で」「本当に相手を思いやる心で」渡すというのは、

このように難しいことなんだなと感じました。( ˘ω˘ )

 

 

歩きながら、そんなことを反省しました。(-_-;)

寄付を頼まれたことなんて、10年以上なかったので、いやはや実践できずでした。

 

 

「今度こういうことがあったら、

詐欺でないことを願いつつ、相手と<同じ目線>で、<同じ心>で寄付できるように頑張ろう!」(T_T)

と思いつつ歩いた帰り道でした。( ・`д・´)

 

 

 

ちなみにその手帳に書いてあった寄付金額を計算して、

「寄付金をああやって集めないで、どこかで普通にバイトして稼いだお金を寄付した方が、効率がいいんじゃないか?」と考えて、時給に換算してみたりしていたことは、内緒です。(;^ω^)

 

 

【今日の二言まとめ】

1.寄付する時は<同じ心><同じ目線>で。

2.1時間頑張れば千円以上は集まりそうなので、バイトよりは効率良さそう。( ・`д・´)

ギターケースの中の猫

(猫「まあ、猫は寄付なんかしないけどね」)

 

コメントを残す