一流と二流の違いとは?

 

ボンジュール、シンジュンです。(・∀・)

 

 

先日、私が普段お世話になり、尊敬している方と会う機会がありました。

その方は、以前大企業の社長から大きな島のリゾート開発のプロジェクト(だったと思うのですが)を一任され、

「お前の将来と、家族のことは、何も心配しなくてもいい」(‘Д’)

とまで言わしめたことがあるそうです。

そしてさらに、それを「断った」のだから、更に驚きです。Σ(・□・;)

その社長さんも「この話を断るとは…」Σ(・□・)と驚いていたそうです。

その断った理由がとてもかっこいいのですが、それは長くなるのでまたの機会に。(・∀・)

 

 

牧師の肩書も持ちつつも、世界を飛び回りながら様々な分野で活躍されていて、

先日たまたま日本に来られたタイミングで、一緒に食事をする機会がありました。

 

 

その時に話の流れで「一流と二流に違いついて」の話があり、

「なるほど、本当にそうだなー」と感銘を受けたので、今日はそれをご紹介します。(*’▽’)

実際に一流の人が語るので、確かに説得力がありました。(;^ω^)

 

リゾート

一流と二流の違いとは?

 

一流と二流の違いは何か?(‘;’)

 

 

例えば「ある物」の作り方を教えてもらったとします。

その後、「これの作り方は何?」と聞かれたら、教えてもらったままを答えることは誰でもできます。

しかしそれは<二流>だとおっしゃっていました。(‘Д’)

 

 

そうではなく、

「どうしてこれはこのように作るのか?他にもっといい作り方はないのか?」

を考えて、研究する人が<一流の人>だという話をされました。

 

誰かから話を聞くことで「学ぶ」ことはできますし、

学んだことをそらんじることもできますが、

そこからさらに「研究し、開発して、発展させていく人」そして「新しいもの」「新しい価値」を生み出していく人が一流の人だというようなことをおっしゃっていました。

 

 

なるほどなと思いつつ、昔聞いた話をふと思い出しました。( ˘ω˘ )

 

コピーを取る時

 

例えば会社で上司に「これ、明日までに10部コピー取っといて」と頼まれたとします。

その時、あなたならどのようにするでしょうか?( ˘ω˘ )

 

 

ある人は「明日までにコピーを10部取れ」と言われたので、その通りにします。

しかしそうすると、、、

正直全然面白くありません。(; ・`д・´)

 

 

「いや~、あのコピーを取る時に、ウィーンって光って読み取る瞬間がたまらないよな~」( *´艸`)

みたいな人も、中にはいるかもしれませんが、コピーを取るのは、大抵そんなに楽しい作業ではありません。(;^ω^)

そうすると「なんで俺がこんな誰でもできる仕事をやらないといけないんだ…ブツブツ……」とブツブツ言いながらやるようになるかもしれません。

 

 

しかしここで<もう少し>考えている人は、

「この資料10部、何に使うんですか?」と例えば聞いてみます。

すると「明日他社の人の前でプレゼンする時の資料だよ」と言われたら、

「ああ、そしたらカラー印刷の方が良いですよね?

またはこれ裏表よりは、片面印刷にした方が見やすいかと思いますが、いかがでしょう?」

<提案>することができます。

そしたら「ああ、確かにそちらの方がいいかもしれないな。頼むよ」と言われるかもしれません。

 

 

このように「小さな仕事」だとしても、<付加価値>を付けていく人はレベルの高い人だと言えます。( ˘ω˘ )

仕事を任せる方としても、このような人に仕事を任せたいと思いますよね。(*‘ω‘ *)

 

パソコン、デスク、カップ

日本は一流の国になれるか

 

世界的に日本はよく「模倣の国」と言われたりします。

日本は基本的にいつも海外で開発されたものを輸入して、

それを自国内でもっとクオリティーの高いものに仕上げて売り出すということをしています。

漢字も中国から輸入し、和製漢語を作って中国に輸出しましたし、

車も海外から輸入して、日本製の車は世界的に有名になりました。

スマホも、テレビも、コンピューターも、トランジスターもほとんどの物が海外で開発されて、日本が輸入してきたものです。

日本の高い技術力は世界的にも認められているところです。

 

 

しかし「模倣している」という点で、他国から「ずるい」と言われている部分もあります。(‘Д’)

実際ずるくはないと思いますが、それでもそう言う気持ちも分からなくはないなと思います。

自分が一生懸命考えて、あるマスコットキャラクターを描いたら、

隣の人がそのキャラクターをもっとかっこよく描いて、そちらの方が有名になった、というような状況でしょうか。(;^ω^)

 

 

 

食事をしながら、その方は「日本がこれからもずっとそうしたら、あくまで二流の域を超えることができない」とおっしゃっていました。(´・ω・`)

もちろん日本発祥のものもあるにはありますが、割合的には少ないのも事実。

 

 

いつも誰かの後にくっついて行なうのではなく、

自ら考えて、自ら開発し、研究して<新しいもの><新しい価値>を生み出していく人になっていかないといけないなと思います。( ˘ω˘ )

 

 

日本をどうこう言う前に、まずは<自分>から、

常に新しいものを生み出し、研究していく<一流>を目指していきたいと思います。(*‘ω‘ *)

 

 

【今日の二言まとめ】

1.一流の人は新しいものを研究し生み出していく。

2.まずは「コピーするのがメッチャ楽しくなるコピー機」の開発から!( ・`д・´)

都会の高層ビル

一流と二流の違いとは?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す