時代に求められる「ファーストペンギン」を超えた「ベストペンギン」の話

 

オーラ~、シンジュンです。(・∀・)

 

 

よく「世の風浪にもまれる」と言ったりしますが、

実際、現代社会で生きていくのは、簡単なことではありませんね。汗

ほんと、生きていくだけで大変です。(・・;)

 

 

「生きるだけでこんなに大変なのはなぜ??」と思ったりします。(;’∀’)

 

 

そう考えると、自然界で生きているサバイバー「動物たち」は凄いですね。

ちゃんと生きてますからね、彼らは。(;・∀・)

 

 

どういう<人材>が時代に生き残るのか、どういう<人>が時代に求められているのか。

自然界のサバイバーたちから学ぶことも多いと思います☆彡( ˘ω˘ )

 

 

今日はそんなサバイバーの中で「ペンギン」から学ぶお話です。(*‘ω‘ *)

 

氷の上に立つペンギン

ファーストペンギンとは

 

私が「ファーストペンギン」という言葉を知ったのは、4~5年前です。

(そういう名前の会社もあるとか。笑)

 

 

ペンギンと言えば、あのよちよち歩く姿が愛らしい、動物園のアイドル(?)ですが、、、

 

 

実はこのペンギン、自然界で生き残るために、時には<残酷な裏切り行為>もしたりします。( ゚Д゚)

 

 

ある種のペンギンは、氷の上から集団でエサを採るために海に飛び込む際、

いきなりみんなで飛び込んだりはせず、

まず最初の一匹を氷の上から<蹴り落とす>そうです。Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

それは海の中で天敵であるサメやシャチが待ち伏せしていないかを確認するためだとか。( ˘ω˘ )

 

 

蹴り落とされた最初の一匹目が無事に海面に浮かんできたら、

その後、安心してみんな飛び込んでいくそうです。

 

 

一匹を犠牲にすることで、集団の安全を保とうとする自然の摂理ですね。( ˘ω˘ )

 

 

この最初に蹴り落とされるペンギンのことを、

「ファーストペンギン」

と呼ぶそうです。

 

 

その犠牲の精神に尊敬の念を抱かざるを得ず、

誰かが名前を付けるようになったのでしょうね。ううむ。( ˘ω˘ )

 

りりしいペンギン

(「だろ?」)

ファーストペンギンの有利不利

 

この「ファーストペンギン」、

これだけ見るとなんだかただ可哀そうなペンギンですが、

実はそれだけではありません。

 

 

ファーストペンギンだからこそ得られる実利もあります。(*‘ω‘ *)

 

 

最初に海に飛び込むから、

「一番たくさんエサにありつくことができるというメリット」もあるのです。(*‘ω‘ *)

 

 

つまり、ハイリスク・ハイリターンというやつですね。( ˘ω˘ )

 

海を泳ぐペンギン

 

ちなみにこの「ファーストペンギン」、

いつも特定の誰かが決まっている訳ではなくて、

だいたい「さあ、みんなで飛び込もう!」となった時に、

一番海側にいる、つまり一番蹴り落としやすい位置にいるペンギンになるんだとか。(;・∀・)

 

 

いやはや、

ペンギン界で生き残るためには、

<ポジショニング>も非常に重要になってくるようですね。(; ・`д・´)

さすが、自然界は厳しいですね!

 

 

ファーストペンギンになる!

 

このような話から、

誰もやったことのない領域に飛び込んでいく時代の先駆者・開拓者のことを「ファーストペンギン」と言ったりします。(‘ω’)ノ

 

 

エジソンしかり、

ライト兄弟しかり、

アインシュタインしかり、

スティーブ・ジョブズしかり。

 

 

私が最近常々思うのが、

「ファーストペンギン」でありたい!

ということです。( ˘ω˘ )

 

 

元々「結果が分かっていることをするのが嫌い」という性格もありますが、

どうせやるなら、

○誰もやったことがないこと

○誰かがやったらいいのに、リスクが高いから手をつけられないでいること

○誰かがやれば、他の人の大きな有益になること

こういうところに自分の身を投じていきたいなと思います。( ˘ω˘ )

 

 

誰かの後を追いかけているばかりでは、

いつまで経っても、大きな有益は残せません。

 

 

ただ一つ、ペンギンと違う点は、( ˘ω˘ )

 

 

ペンギンは「仲間に蹴り落とされて」海に飛び込みますが、

 

 

どうせやるなら「自ら飛び込む」!!!(・ω・ノ)ノ

 

 

「俺が先陣を切って飛び込む!!

みんな俺に続け~~~~~!!!!」的な感じで、

自ら飛び込む勇者ペンギンになりたいものです。( ˘ω˘ )

 

 

そういうペンギンには

「ファーストペンギン」を超えて

「ベストペンギン」の称号を与えたいですね☆

 

 

目指せ! 時代の「ベストペンギン」!!

 

【今日の二言まとめ】

1.ファーストペンギンを超えて「ベストペンギン」を目指す!

2.ペンギン界にはレディファーストはない。

 

立ちすくむペンギン

(「ペンギン界も大変なのよ」)

【関連記事】

ハキリアリはなぜ葉っぱを運ぶのか?

一流と二流の違いとは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です