タイ(Thailand)に行ったら絶対食べてもらいたい食べ物~果物編~

タイ(Thailand)に行ったら絶対食べてもらいたい食べ物~果物編~

 

小学校5年~中学1年の終わりまで、父の親の仕事の都合で3年間タイ(Thailand)に住んでいた。

今思えばタイに住んだ経験はいろいろな面で良かったと思っている。

(どうせならイギリスとかにしてくれたらかっこよかったのにと思ったこともあるけど。笑)

 

 

そこで現地に住んでいた者として、これからタイに旅行に行く人のことを考えて、

「タイに行ったら、これは絶対食べてもらいたい食べ物~果物編~」を書くことにした。

 

 

特に果物は鮮度の問題などもあり、本当に現地でしか食べられない物も多い。

今回は「日本では食べられない物」を中心に紹介したい。

タイに行こうと思っている方は是非一度読んでから行ってもらいたい!

 

 

 

タイは「果物の王国」

 

まずタイは「果物の王国」と呼ばれている。

それもそのはず、果物が豊富にあるし、しかもどれもめちゃ美味しい!(*‘ω‘ *)

 

王国と呼ばれている理由なのかどうかは分からないが、

タイには果物の「王様」と「女王様」が両方君臨している!

まずはそちらから紹介しよう。

どちらも日本では生ではまず食べられない果物だ。

 

 

果物の王様「ドリアン」

 

まずは果物の王様「ドリアン」。

王様たる風格を備え、外見はとてもとげとげしている。

大きさは日本のちょっと大きめのメロンくらい。

重さもそれくらいあって、持ってみると見た目よりも結構重い。。。

 

ご存じの方も多いと思うが、ドリアンは「ものすごく臭い」!!

割らないでそのまま置いてあるだけでも臭って来るが、割って食べようとした日には、どんなに「美味しいんだよ!」と言われても食べる気にならないくらい。

実際タイでドリアンはホテルに持ち込み禁止になっている。

なぜかというとエアコンに臭いが染みついてしまって取れなくなるからだ。

王様だけあって、簡単にはお近づきにはなれないようだ。(‘Д’)

 

 

しかしこのドリアン。

お近づきになるいい方法がある。

是非現地に行ったら試してもらいたいが、ドリアンの中身を「凍らせる」のだ。

それで少しずつ溶かして食べると、臭いはせずに美味しく食べられる。

 

 

さて問題のお味はと言うと、、、

 

 

…「めっちゃ美味しい」(*‘ω‘ *)

 

 

さすが王様だけあって、味は確かに美味しい!

触感はカスタードクリームがもう少し固まったみたいな感じ。

味は、、、他の果物にない味なので、喩えるのがとても難しい。(+_+)

いや~、なんとか喩えてみようと考えてみたけれど、あの味を表現する例えが思いつかない!!

これはもう現地に行って食べてみてくださいとしか言えない!

ただ自分はすごくおいしかったが、人によっては苦手な人もいるかもしれないなとは感じたので、

一度ご賞味あれ。

 

 

果物の女王様「マンゴスチン」

果物の王様「ドリアン」は一般的によく知られているが、

果物の女王様「マンゴスチン」はあまり知られていないようなので、ご紹介したい。

 

 

このマンゴスチン、女王様らしく「とても上品で美味しい味」なのだ!

ドリアンは癖があって嫌いな人もいるかもしれないが、このマンゴスチンの味が嫌いという人はほとんどいないだろうと思う。

紺紫で一つの大きさはゴルフボールより一回り大きいくらい。

皮がすごく厚くて、固くはない。

皮をむいてみると、写真のようにミカンのような形状の白い果肉がある。

しかしミカンのように皮はついておらず、白い部分は全部食べられる。

実の中に種のようなものがあるが、ちょうど熟れる前の柿の種のように柔らかくて、そのまま食べられる。

 

 

食べてみると、これがまた「とても上品で美味しい」!(*‘ω‘ *)

これもなんと表現したらいいのか分からないが、味としては甘酸っぱい。

びわ、ぶどう、ももあたりの味に似ている。

タイに行ったら是非食べてもらいたい果物の一つだ。

 

 

ランブータン

「ランブータン」これは恐らく初めて聞く人も多いかもしれない。

形状としては、ライチの皮に毛がたくさん生えたような感じをしている。

 

 

皮をむくとライチと同じように果肉があって、中に大きめの種がある。

触感も、味もライチに似ている。

しかしライチよりも柔らかく、ライチよりも味はすっきりしているというよりはしっかりしている印象。

これは日本でも缶詰になって売られていたりする。

缶詰を食べたことがあるが、やはり生の方がはるかに美味しかった。

「じゃあライチ食べてればいいじゃん」ということはあるが、実際値段としてはランブータンの方がはるかに安い。

記憶では

ライチは1kgで150バーツ(600円弱)

ランブータンは1kgで20バーツ(80円弱)

という価格差!

 

 

チョンプー

「チョンプー」これも知らない人は多いだろうと思う。

 

 

形状はピーマンと似ている。

切ってみると中は空洞で、ちょっと綿のようなものが入っている。

食べるところはピーマンと同じく外側の部分。

シャクシャクして触感が良い。

味はこれも独特だが、あえて例えると「りんご、なし」あたりを足して割ったような感じ。

上の写真だと分かりづらいが、実際木になる時には以下の写真のように実る。

 

 

甘味は下に行くので、実際下の大きくなっている方が甘い。

(イチゴは先が甘いので、丁度逆になっている感じ)

 

 

タイでは一般的によく食べられる果物で安い。

よくお弁当に入っていた。笑

これに砂糖と唐辛子を混ぜた赤い砂糖のようなものを付けて食べる人もいる。

 

 

ザボン

「ザボン」は柑橘類の一種で、味、形状共に夏みかんやいよかんに似ている。

 

 

ただ内側の皮がとても剥きやすいので、食べやすい。

お店では皮が全部剥かれた状態で、トレーにラッピングされて売られているのが普通。

これにも先ほどの砂糖と唐辛子を混ぜたものを付けて食べる人もいる。

本当かどうか分からないが、

「ザボンにはほとんど栄養がない」

という噂が流れていた。。。

しかし美味しいのでよく食べていたが。( ´艸`)

 

 

その他

 

その他にもタイでしか食べられない訳ではないが、

ドラゴンフルーツ、マンゴー、スイカ、ココナッツ、ぶどう、オレンジ、バナナなど

タイの果物は基本的に全部安くて美味しいのが魅力的だ。

特にスイカとマンゴーは日本と比較してとても美味しいのでぜひ食べてみてもらいたい☆彡

 

 

 

逆にタイでは食べられない果物もある。

桃、柿、いちごは無い。(あるとしても輸入なので高い)

メロン、栗、みかん、りんごはあるにはあるが、タイだから特別美味しいという印象はなかった。

 

 

タイに住んでいた時、父の知り合いがお土産として「生の桃」を持ってきてくれたことがあった。

(当時は分からなかったが、今思えば、どうやって空港の検閲を通ったのか…??|д゚))

それがめちゃくちゃ美味しく感じのをよく覚えている。

タイに住んでいると日本の食べ物が恋しくなった。

 

 

最後に

 

以上、今回は

「タイに行ったら是非食べてもらいたい食べ物~果物編~」☆彡

 

 

タイでしか食べられない果物たちなので、タイに行かれる方は行く前にチェックして、是非現地でご賞味あれ~~(‘ω’)ノ

もし現地に行って食べた方は「食べたぜ!」という感想を教えて頂ければ♪|д゚)

 

 

またいつか

「タイに行ったら是非食べてもらいたい食べ物~料理篇~」

も書く予定なので、お楽しみに~~☆彡(´・ω・`)

 

 

タイ(Thailand)に行ったら絶対食べてもらいたい食べ物~果物編~” に対して1件のコメントがあります。

  1. 鹿児島の西郷ど~ん より:

    すごくタイに行きたくなりました!
    待ってろ、ドリアン!

    1. シンジュン より:

      特にタイの親善大使とかではありませんが、タイに行った際には食べてみて下さいー
      ほんと美味しいですよ!

  2. NY より:

    ドリアンは凍らせればよかったのか…
    マンゴスチンすきです(๑˃̵ᴗ˂̵)(๑˃̵ᴗ˂̵)!
    一度、フィリピンで食べました。
    ほかも食べてみたい~

    1. シンジュン より:

      そう、これは意外に知られていない方法なんですよ☆彡
      是非一度お試しあれ~^^

コメントを残す