石積み(ロック・バランシング)をして学んだこと@菊池渓谷

 

アロハ~、シンジュンです。(・∀・)

 

 

前回「超お勧め川遊び<石積み>@菊池渓谷」を書いて、その続きとして「石積みをして学んだこと」を書こうと思っていたのですが、最近忙しくて更新が滞ってしまいました。(-_-;)

 

 

菊池渓谷に行って、初めて<石積み>をしてみたのですが、

予想外に面白くてびっくりしました。Σ(・□・;)

 

 

その面白さについて前回書いて、今日は<石積み>をして学んだことを書いてみたいです。( ˘ω˘ )

(石積みは「ロック・バランシング」と言ったりもするそうです。かっこいい。(*‘ω‘ *))

 

 

<石積み>を通して<組織>について考えさせられました。( ˘ω˘ )

 

石積みをして学んだこと

 

ただ単純に石を積んでいくだけですが、やってみるとこれがまた奥深い!驚

石を積みながらいろいろと「あ~、<組織>もこれと同じだな~」と考えながら積んでいました。( ˘ω˘ )

 

 

(多分石積みながらそんなこと考えている人は、私くらいだと思いますが。(;’∀’))

 

 

どういう点が同じだったかと言いますと、、、

 

①どの石を積むか「石選び」が大事

 

以下が今回の私の作品です。( ˘ω˘ )(ドヤ)

 

最終的な石積み作品2

 

これで<15段>あります。

よくこれでバランス取れてるな~と不思議に思う構図です。( ˘ω˘ )

 

 

今回初めて積んだので、単純に「下が大きく、上に行くほど小さくなる」ように積みました。

誰でも思いつく積み方ですね。(‘Д’)

 

 

しかし積んでみると「どの石でも積むことができない」ということが分かります。

積みやすいのは「なるべく平べったくて、平らな石」です。

 

 

一緒に石を積んでいた別の人は、一番下に三つ、すごく大きな丸っこくてゴツゴツした石を置いてしまったので、

<3段>しか積めず「これ以上積めない~~」と嘆いていました。笑

 

 

石積みはまずは「適当な形の石を見つける所から」始まるのでした。( ˘ω˘ )

そのように<組織>もまずは「適切な人材発掘」から始まります。( ˘ω˘ )

 

 

②同じような形の石ばかりでは面白くない

 

一方で積み終わってから見てみると、、、(‘;’)

 

 

いくら「平べったくて、平らな石」が積みやすいとは言え、

そういう積みやすい石ばかりで積んでしまうと、あまり面白くない作品になります。( ゚Д゚)

 

 

「まあ、これなら普通に積めそう」みたいな作品になります。(;_;)

 

 

<組織>もそうだなと思います。( ˘ω˘ )

同じような人ばかり集まっていると、組織としては成り立ちやすいし、まとめやすいですが、

しかしあまり面白くない組織、単調な組織になってしまいます。

 

 

個性的な形の石たちが、絶妙な調和とバランスで積まれている作品がかっこいいように、

個性的な人たちが、絶妙な調和とバランスを成して存在している組織がかっこいい、というよりは理想的なのかなと思います。( ˘ω˘ )

 

 

今回は初めてだったので上のような単純な感じになりましたが、

次回はもっといろいろな石を使って、絶妙なバランスに挑戦してみたいです。(; ・`д・´)

 

 

③重心の軸を意識する

 

当たり前ですが、石を上に積んでいくため、高くなるほど「重心の軸」がずれやすくなります。

10段積んで崩れた時も「上に乗せた石と下の石の<重心の軸>が合わなくて」崩れました。( ˘ω˘ )

<重心>に石の全ての重さがかかります。

 

 

このように<組織>もそうだなと。( ˘ω˘ )

組織が大きくなり、上下関係が高くなるに連れて、上と下が乖離して、重心の軸がずれやすくなります。

 

 

組織が大きくなるほど、上層部の考えていることや指針と、下層部の考えていることが異なります。

そうすると中間層のどこかで重心の軸がずれて崩れることになります。

 

 

組織が大きくなるほど「今、全体の<重心の軸>がどこにあるのか?」を意識しなければ、

組織として機能を果たせず、崩れることになってしまいます。( ˘ω˘ )

 

 

理論上で言うならば、この<重心の軸>さえ合っていれば、

いくらでも高く石を積むことが可能です。(*‘∀‘)

実際石を積む時は、この重心がどこにあるのかを見極めることが、とても難しい訳ですが。。。(‘Д’)

 

石積み

まとめ

 

石を積んでいた時間は多分40分くらいでしたが、

ただ石を上に積むだけなのに、なかなか奥深さを感じられました。( ˘ω˘ )

 

 

組織をまとめる指導者的な立場の人ほど、

是非一度<石積み>にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?(*‘ω‘ *)

 

 

また次回河原や海辺など、石がたくさんあるところに行った時には、再度チャレンジしてみます☆彡

そうしたらまた新たな発見や学びがありそうです♪(・∀・)

 

 

是非お試し頂ければ~♪(*‘ω‘ *)

 

【今日の二言まとめ】

1.<石積み>は<組織編成>と似ている。

2.積んだ石は最後必ず崩して帰るように、自分が立てた<組織>は最後必ず崩してから帰りましょう。

海と石積み

【関連記事】

超お勧め川遊び<石積み>@菊池渓谷

一生抜けない棘について@妙見浦

 

コメントを残す