大切な物を失って自分を責めそうになった時


サワディーカップ、シンジュンです。(・∀・)


突然ですが、

あなたは<大事な物>を盗まれたことはありますか??(;_;)


私はつい最近、私にとって大事な物を盗まれてしまい、かなりショックを受けました。(-_-;)


それで日本人らしく、落ち込みそうになったのですが、、、


いろいろ考えて、考え直しました。( ˘ω˘ )


今日はそれについて書こうと思いました。


というのは、同じような形で落ち込みそうになった時には、
是非この記事を思い出して、<考えの転換>を起こして頂きたいなと思ったからです☆彡(*’▽’)


盗まれた物


何を盗まれたかと言いますと、、、


私の大切な人が亡くなった時に譲り受けた<自転車>です。(;_;)


自転車
実家から持ってくる時の写真

8~9万円くらいする高価なものだったのですが、、、


高価であるがゆえに、盗まれてしまいました。。。(;_;)



7~8年前にも一度、8万円くらいの自転車を半額で購入して乗っていたことがあったのですが、
それもマンションの駐輪場に置いていたら、ある日その場でかけていた鍵を切られて、盗まれてしまいました。



しかし、
その時は全然悲しむことはなく、落ち込まなかったのですが、


同じく自転車を盗まれた今回は、かなりショックを受けました。(・・;)



単純に<損得>を考えるなら、以前は自分で買った自転車で、その分だけ損をしており、

今回は譲り受けた物なので、金銭的に損をした訳ではありません。


そのため、単純に損得勘定で言うなら、前回の方が落ち込みそうなものですが、

結果は真逆でした。( ・`д・´)


やはり<人間の感情>というは単純な損得勘定で動くのではないようです。( ˘ω˘ )


<物>を盗まれたというよりも、

<大切な人>を盗まれたような感じでした。(;_;)


人をゆさぶってお金を盗む

自分を責めること


盗まれた直後は「盗んだ人を恨む」というよりは、
(盗んだ人が誰なのか分からないので、恨む対象がはっきりしていなかったということもあるかもしれません)

ちゃんと管理していなかった<自分>を恨んで、後悔しました。(;_;)



もちろんちゃんと鍵をかけておいて、

駐輪場には防犯カメラもあったので、

大丈夫かなと思っていた自分のミスだと思いました。(-_-;)


しかし、、、


そうやって日本人によくあるように「自分を責める」という状態に陥りそうでしたが、
ふと

「……これは違うな」(; ・`д・´)

と思いました。

つまり「この状態は違うな。この考え方は間違っているな」と思いました。



「自分の管理が足りなかった」ということはあったとしても、


どう考えても、

盗んだ人が100%悪い!!

と思い直しました。(; ・`д・´)



自分が悪くなかったという意味ではありませんが、

それでも「盗まれた方が悪い」のではなく、どう考えても「100%盗んだ方が悪い」のでした。(; ・`д・´)

そう考えて、<考えを転換>しました。( ˘ω˘ )



考えを転換したとしても、それで自転車が返ってくる訳ではありませんし、

心が痛いことには変わりありませんが、

ひとまず<反省>はしても、「自分を責めること」はやめました。(;_;)


そんなことをしても、何一つ良いことが無かったからです。(;_;)


誰でも、自分のミスで何か事故や問題が起こった時には、
「自分を責める」こともあると思います。


そしてもちろん<自分自身に責められるべき点>があることも事実かもしれません。


しかしそれは<反省>すべきであって、

「自分を責めて苦しめるべき」ではありません。(;_;)


「覆水盆に返らず」と言いますが、
それと似たことで、起こってしまったことを、起こらなかったことにはできません。


自分を責めがちな日本人。


あなたがもし自分を責めたくなった時には、是非このことを思い出して、

「<反省>はする。でも自分を責めない!!」

と、<考えを転換>して、前を向いて、前進していって欲しいと思います。(*‘ω‘ *)



かく言う私も、、、

そうできるように、頑張ります!!(*‘ω‘ *)


【今日の二言まとめ】

1.<反省>はしても、自分を責めない!

2.<大切なもの>は奪わないように、しっかり守りましょう!(;_;)

互いに愛する

【関連記事】

失敗とは何か?~失敗しない人生~

消費者としての自分、生産者としての自分

コメントを残す