上達の近道は質なのか、量なのか?~意外な結果~

 

サワッディークラップ、シンジュンです。(・∀・)

 

 

人を育てるため人のためのブログ<蛍の灯火>です。(*‘ω‘ *)

今日は「物事に上達するための近道は<質>が大事なのか、<量>が大事なのか?」についてお話できればと思います☆彡

 

 

これ、個人的に仕事や日常生活でもめちゃくちゃ使っていることの一つです。(; ・`д・´)

これを知っているのといないのと、本当に分かって実践している人といない人では、かなり大きな差が出るな~といつも感じています。( ˘ω˘ )

 

 

教えたくない気持ちもちょっとありますが、(;・∀・)

それでもブログを読んで下さる方々、人を育て、自分を育てるために日々努力されている方々に役に立てばと思います♪(*‘ω‘ *)

 

たくさんの陶磁器

陶芸教室での実験

 

ある興味深い実験があります。( ˘ω˘ )

(割と有名な実験なので、ご存じの方も多いかもしれませんが)

 

 

陶芸をやったことが無い被験者を集めて、二つのグループに分けます。

そして二つのグループにそれぞれ同じ時間を与えて、湯呑を作ってもらいました。

(時間の長さは忘れてしまいましたが、結構長かった記憶があります。)

 

 

一つのグループAには以下のように言います。

「時間内に一つ湯呑を作って下さい。どれだけいい湯呑ができたかを評価します」

 

そして二つ目のグループBには以下のように言います。

「時間内に湯呑をできるだけたくさん作って下さい。湯呑の質が問題ではなく、どれだけたくさん作ったかを評価します」

 

 

つまりグループAには「<質>重視」、グループBには「<量>重視」の課題を出したことになります。

そして用意ドンで、被験者たちに湯呑を作ってもらいます。

 

 

そうやって時間が終わって、出来上がった湯呑たちを並べてみます。

結果としてグループAとBのどちらの方がより完成度の高い湯呑を作るのか?」というのが今回の実験です。( ˘ω˘ )

 

 

さて、実験の結果は、、、??

 

陶芸家が陶磁器を作る

実験結果は…?

 

あなたは結果としてグループAとB、どちらが良い湯呑を作ったかと思いますか?(‘;’)

 

 

なんとなく「質重視だったグループA」の方がよい湯呑を作りそうな気はします。( ˘ω˘ )

結果は、、、

 

 

 

 

なんと、、、

「グループBの方が質のいい湯呑を作る」という結果でした!( ・`д・´)

 

 

これはとても意外な感じがします。(´・ω・`)

<数>を重視したグループBの方が、最終的には完成度の高い湯呑を作るという結果が出ました。

これは一体どうしてなのでしょうか??(‘;’)

 

湯呑

試行錯誤の重要性

 

ここに「<試行錯誤>の重要性」「<Try and Error>の大事さ」があるな~といつも感じます。( ˘ω˘ )

 

 

グループBの人たちは<質>よりも<数>が重視されていたので、とにかくたくさん湯呑を作りました。

しかしたくさん湯呑を作るからこそ「前回ここで失敗したから、次はここを注意しよう」などと考えて、またやってみることになります。

しかし一個にすごく時間をかけて作るグループAは、このような試行錯誤ができません。

そのため結果として、グループBの方が<質>が良くなりました。

 

 

この結果を受けて、例えばサッカーのシュート練習も、

「とにかくたくさん数打てばうまくなるんだ!!」という話ではありません。

これは、「シュート1本をすごく考えて、じっくり準備して打つ」よりも「シュートをたくさん打つ」方が上達が速いという話です。

間違った蹴り方でいくら練習してもうまくなりませんからね。(;・∀・)

 

子供がサッカーでシュートを打つ

失敗を恐れる日本人

 

日本人はとても失敗を恐れるところがあるので、

何かをやろうとした時に「完璧に準備して、絶対失敗しないようにしよう!」というところが見受けられます。(‘Д’)

 

 

ところがそのようにしていると、ちょうど「1回で最高の湯呑を作ろう」としているグループBの人たちのようになります。(-_-;)

 

 

もちろんビジネスなどでは「失敗できない」という状況はありえますが、

「絶対失敗できない」という状況でない限り、最初から完璧に準備できないのだとしても、

とにかくやってみて、回数を重ねるごとに試行錯誤していくことが、上達の近道になります。(*‘ω‘ *)

やっているうちに、もっといい方法、もっといいやり方が見えてくるものです。

 

 

結局、成功する人と言うのは、

一度も失敗しない人なのではなく、

たくさん失敗した人なのだなと思います。(*‘ω‘ *)

 

 

人生も「Try and Error」

失敗を恐れすぎず、挑戦する人生を生きたいものです☆彡(*‘∀‘)

 

 

【今日の二言まとめ】

1.上達の近道は、失敗を恐れず「Try and Error」

2.そう考えると、人生自体はやり直しができないので、本当にうまくやらないとですね。( ˘ω˘ )

女性と風船

【関連記事】

失敗とは何か?~失敗しない人生~

 

 

コメントを残す