教育:雨の日に花壇に水をあげる小学生の話

 

ボンジュール、シンジュンです。(・∀・)

 

 

以前「ワインを横にして保存する理由~人の行動には<理由>がある~」の中でも、

「人の行動には必ず<理由>がある」という話を書きました。(*’▽’)

 

 

「あの人はどうしてああするんだろう?」と理解できなくても、

「私には分からないが、何か理由があるに違いない」と思うことは、大事なことだなと感じています。( ˘ω˘ )

 

 

今日はその具体例として、タイトルの通り「雨の日に花壇に水をあげる小学生」の話です。(*‘ω‘ *)

とても心温まる話です。(*‘ω‘ *)

 

花に水をあげる

雨の日に花壇に水をあげる小学生

 

これは昔ある本で読んだ話なのですが<子供の純粋さ>に心打たれた記憶があります。( ˘ω˘ )

 

 

ある小学校がありました。

その学校では、児童が交代で校庭にある花壇に水をあげていたそうです。

 

 

ある日、小学校の職員会議でこういう議題があがりました。

「児童の中に、雨の日なのに、花壇の花にじょうろで水をあげている子供がいます。

雨の日はあげなくてもいいと、ホームルームで教えてあげてください」(”Д”)

 

 

…………

 

 

あなたがもしこの小学校の教師だった場合、

上のような話を聞いたら、どのように思うでしょうか?(‘;’)

 

 

「おいおい、本当かよ。そんな子がいるのか。

雨の日には水をあげなくてもいいことくらい、分かりそうなもんだが。。。」(”Д”)

と思うでしょうか?それとも、

「いやいや、小学生だから、もしかしたらそういうことも分からない子がいるのかもしれない。

しっかり教えてあげるべきだ」(”Д”)

と思うでしょうか?(‘;’)

 

 

上の連絡を聞いたある先生は、もしかしたらホームルームで、

「いいか、雨の日に花壇の花に水をあげている子がいるそうだけど、

雨の日には水をあげなくてもいいことくらいは分かるよな?

じゃあ授業入るぞ~」

みたいな感じで伝えた人もいたかもしれません。

 

 

さて、あなたならどうするでしょうか??(‘;’)

 

花で遊ぶ女の子

確認してみると、、、

 

その話を聞いたある先生は、

「いくらなんでも、雨の日に花壇に水をあげなくてもいいことくらい、あの子たちも分かっているはずだ。

それでもそのようにしているということは<何か理由>があるのだろう」

と思ったそうです。( ・`д・´)

それで確かめようと思いました。

 

 

その連絡が全校にされてから数日経って、また雨の日がやってきました。

その先生が見てみると、連絡がされたにも関わらず、ある子が雨の中傘を差して、花壇の花にじょうろで水をあげていました。(‘Д’)

 

 

その先生がゆっくりと近づいて、その子の隣に行きます。

それで聞いてみました。

「ねえ、どうして雨が降っているのに、お花に水をあげてるの?」(‘;’)

 

 

するとその子はこう答えたそうです。

 

 

「だって、水道のお水の方がきれいだよ。きっときれいなお花が咲くよ」(*‘ω‘ *)

 

 

 

…………Σ(・□・)

 

 

衝撃の一言!

その子は「雨よりも水道のお水の方が綺麗だから、水道のお水をあげた方がきれいな花が咲く」と思ったそうです。Σ(・□・;)

 

 

な、なんていい子なんだ!!(; ・`д・´)

(是非この汚れた世の中にも、その水道の水をかけてやってはくれないか!)

 

 

その子はその子なりに考えてみて、そのような行動を取っていたんですね。( ˘ω˘ )

 

 

それなのに大人の目線で、

「雨の日には花壇に水をあげなくてもいいことくらい分かるだろうに」(‘Д’)

と、見下げていたとしたら、本当に恥ずかしくなります。(‘Д’)

 

 

人の行動には必ず<理由>がある。

大人の目線であれこれ勝手に決めつけるのではなく、

子供の前でも、常に<謙遜>でありたいものです。( ˘ω˘ )

 

 

【今日の二言まとめ】

1.人の行動には必ず理由がある。

2.「雨の日に水をやるってどう思いますか?」自分「冬でもアイス食べるやん」(´・ω・`)

手を繋ぐ子供二人

【関連記事】

「ワインを横にして保存する理由~人の行動には<理由>がある~」

 

コメントを残す