数学を学ぶ目的とは何か?

ハロー、シンジュンです。(・∀・)

 

 

私は東京工業大学院数学専攻までいったので、数学自体は12年、そのうち6年間は専門的に勉強しました。

一応大学院の卒業論文では、新しい数学の定理を見つけて論文にしました。

なので数学においてはある程度専門分野と言えるかなと思っています。( ˘ω˘ )

 

 

今「数学から学べることシリーズ」を書いています。(‘ω’)ノ

これを書く目的の一つは「数学を学ぶ目的」を伝えたいからです。(*‘ω‘ *)

そして後でも書きますが、これは「数学」に限らず、全ての学問について言えることです。

<数学>はあくまで一つの例として取り上げるに過ぎないというスタンスで書いています。

 

 

今日は「数学を学ぶ目的」について書いておこうと思います。(*‘ω‘ *)

 

数学を学ぶ目的

 

突然ですが、まず「物の売買について」考えてみましょう。( ・`д・´)

(ほんとに突然やな)

 

 

商品を販売するセールスマンと、それを買おうとする人の立場になって考えて見ますと、

買い手としては、

1.その商品を買うと、自分にどういう有益があるのか

2.その商品と、他の商品との違いは何なのか?

3.その商品を買うためにかかるコストはどれくらいなのか?

(つまりその商品を買うことで得られる有益を手に入れるために必要なコストはどれくらいなのか?)

という情報が知りたいはずです。

それをセールスマンが説明してくれて「納得」すれば、それを購入する至ることになります。( ・`д・´)

 

 

簡単に表現すると

1.有益

2.差別化

3.コスト

と言えます。(‘ω’)ノ

 

 

ここで大事なのか、1と2を合わせたものと、3の比率です。( ・`д・´)

当然のことですが、

(その商品を買うことで得られる有益)>(有益を得るためのコスト)

であってこそ、購入に至ることになります。

 

 

そのためセールスマンとしては、

この商品を買うことによって、どのような有益が、どれくらいあるのかを買い手にアピールしないといけないだろうし、

またその商品以外では、そこまでの有益は得られないことも伝えるべきだろうし、

そしてその有益に対してコストが低いことも伝えるべきことです。(‘Д’)

それらが買い手に正確に伝わって、買い手が「納得」する必要があります。

 

 

これらは物の売買に限らず、あらゆる分野に適用されることだと思いますが、、、

 

 

実際、学校で学ぶ学問においては、

これが全くと言っていいほど、ありません。(´・ω・`)

 

 

例えば一つ<数学>を例に取るならば、

1.数学を学ぶことで、自分にどういう有益があるのか

2.数学以外では学べないことなのか?

3.その有益を得るためにかかるコストはどれくらいなのか?

この3つを説明されたことがあるでしょうか??(´・ω・`)

 

 

恐らく現場での声としては、生徒たちからすれば、数学を学ぶことで得られる有益と言えば、

「テストでいい点が取れる」「頭がいいと思われる」

「偏差値の高い大学へ行ける」「数学自体が楽しい」

というような回答が多いのかなと思います。

もちろん間違っていることではないが、本質的ではないのが実情です。(‘Д’)

 

 

しかし自分自身、これを正確に教えてもらったことはありません。(´・ω・`)

12年間数学を学び、さらに人生についても一つ一つ学びながら見えてきたものでした。

 

 

実際、数学だけを学んでいても、数学を学ぶ目的は見えてこなかっただろうと思います。(; ・`д・´)

 

 

様々な学問を学び、

さらに人生についても考えてみて、学んでみて、

初めて<学問の目的>が見え、その中の一つとして<数学を学ぶ目的>も見えてきたものがあります。

こういうことを、もっと学校で教えてもらいたかったと今になって思うようになりました。( ・`д・´)

 

数学から学べることシリーズを書く理由

 

「数学から学べることシリーズ」を書いています。

これは数学が苦手な人でも読めるように、難しい数学の話はほとんど出てこない予定です。

具体例もなるべく簡単なものを挙げるようにしています。

なるべく「高校数学くらいまでの内容にしたい」のと「数学の計算などは省きたい」と思っています。

一つのお話として読めるようにしたいと思って書いています。(・∀・)

 

 

理由はいろいろありますが、、、

 

 

個人的に数学が得意な人たちが、難しい数学用語を連発する、あまり美しくない姿を多々見てきました。(‘Д’)

しかし<言葉>は相手に伝わらなければ何の意味もありません。(‘Д’)(‘Д’)

専門用語を使って説明することが大事なのではなく、

相手が理解しやすいように説明することが大事だというのが自分のポリシーとしてあります。

知識をひけらかすことに意味を感じません。(‘Д’)(‘Д’)(‘Д’)

 

 

「数学から学べることシリーズ」を書いているのは、

私たちが人生を生きる上で大事なこと、

生活する上で必要となる考え方を学ぶ「ツール」(題材)として、

<数学>というものを使っていることに過ぎません。

他のことを使っても十分説明することができますが、

数学が「より本質を考える学問である」ことから、数学をツールとして使うようにしています。(*‘ω‘ *)

そういう意味では他の学問でも構わないし、いつか他の学問について触れていきたいと思っています♪

 

 

またもう一つ、数学をツール(題材)として使う理由としては、

中学、高校、大学、ある人は大学院でも学び使うこの「数学」を、

ただの学問で終わらせてしまっていることが多いと感じるからです。(‘Д’)

 

 

全ての学問は「自分の人生」「自分の生活」と結びついていないなら学ぶ価値がない

と思っています。

 

 

しかし実際のところ、まったく結びついていない学問というのは存在しません。

「人間」と全く無関係で存在している学問は、学問として存在意義がありません。

全ての学問の中心にいるのは「人間」。

全てが人と関係しているため、自分自身にも関連しています。

ただ問題は「ああ、この学問は自分の人生に、生活に、こういう風に結びついているんだな」(*‘ω‘ *)

と学ぶ側がちゃんと認識して学んでいるかという点かなと思います。

 

 

数学も、歴史学も、言語学も、政治学も、科学も、全てにおいて言えることは、

「その学問を学ぶことが自分の人生に、自分の生活にどういう関連があるのか」

「その学問を学ぶことが自分の人生、自分自身にどういう変化を与えるのか」

を深く考えてみて、学ぶことだろうと思います。(´・ω・`)

 

 

しかしどうしても、学校に行くと、教科の一つとして教えられるから数学を勉強していることがほとんどです。(´・ω・`)

「別に勉強したくてしてる訳じゃないし」という人がほとんどかなと。(´・ω・`)

 

 

というよりは、もし選べるなら「絶対数学なんか選ばん!」(‘Д’)という人が、自分の経験上とても多いようにも思います。(;’∀’)

でも日本の文部科学省が定めた「学習指導要領」で決められているから、仕方なく勉強している人がほとんどです。(´・ω・`)

そして気持ちはとても分かりますが。(;’∀’)

 

 

しかし、そうではなくて「学問が自分自身と繋がっていること、人生に役立つ」ということを伝えるために、

その一つの例として「数学」を取り上げつつ、

数学を学ぶことが、

数学を通して得られる能力が、

あなたの人生においてどういう意味があるのか、

あなたの人生にどういう有益をもたらし得るのか、

これを分かって学んでもらえたらと思う心からです。(*‘ω‘ *)

 

 

中学、高校、大学、大学院と、

短い人でも4~5年、長い人で10~12年も、

否が応でも数学を学ぶことになるのならば、(‘Д’)

少しでも「意味」と「価値」を分かって学ぶことができれば、有益だろうと思います。(・∀・)

(自分は院まで行ったので、12年間学んだことになる。そう考えると長いなと)

 

数学を学ぶことで得られるもの

 

では数学を学ぶことで得られるものとは何か?

これを「数学から学べることシリーズ」で随時書いていきたいと思っています。(*‘ω‘ *)

 

 

しかし目的は「人生において、生活において、有益なことを学ぶこと」にあるので、数学自体はツール(題材)に過ぎません。

 

 

そのため読んでいて、数学の話がほとんど出て来ない場合もあったりするのかなと。笑( ´艸`)

ずっと歴史の話をして終わったりとか。

前も書いていて「あれ、今日はまだ全然数学出てきてないぞ」と思ったことも多々あります。笑

 

 

全ての学問は繋がっているので、関連性のある話をしていると、いろいろなところを巡ることになることは多いです。

それでも数学だけを学ぶのではなく、様々な学問を繋げて学ぶことは、とても大事なことだと思います。

 

 

一番大きなテーマは「本質とは何か」「本質的な思考を学ぶこと」だと感じています。(*‘ω‘ *)

(もちろん他にもあると思うが、一番大きいテーマになりそう)

 

 

数学が好きな人も、

数学が嫌いな人も、

気軽に読めるように書いていくつもりですので、

是非楽しんで読んでもらえればと思います☆彡(*‘ω‘ *)

 

 

【今日の二言まとめ】

1.学問も「学ぶ目的と意義」を分かった上で学ぶこと

2.学校の教師がみんなセールスマンみたいになったら、それはそれで嫌だな。(; ・`д・´)

【関連記事】

数学から学べること①~そもそもなぜ勉強するのか?~

数学から学べること②~<数学><国語><音楽>の共通点~

 

 

数学を学ぶ目的とは何か?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す