数学⑲:みんな間違えてる「反比例」の使い方

 

ホイ~、シンジュンです☆彡(・∀・)

結構久しぶりになりますが、数学から学べる本質的な思考「数学から学べることシリーズ」第19回です☆彡

 

 

今日は数学をちゃんと学んだ人なら、誰しもが気になっている「アレ」の使い方について書きたいと思い立ちました!(; ・`д・´)

 

 

「アレ」を聞くたびに

「いや、厳密にいうとそうじゃない!!」(‘Д’)(ガオ―)

と心の中で叫びつつも、だからと言って、それを口にしようものなら、明らかに「あ、この人<面倒くさい人>だ」( 一一)と思われることもまた世の事実。

 

 

ま、いいんだけどね。

意味が伝わればいいんだけどね。。。

 

 

しかし!

「それでもこの世知辛い世の中に向かって一言言いたい!」という鬱憤を晴らすべく、

今日は「アレ」について書いてみます!(; ・`д・´)

 

退屈そうなネコ

(猫「アレって何?」)

アレの使い方について

 

そうです!

理系人間なら、数学をちゃんと学んだ人なら、誰しもが気になる「アレ」です!

 

 

タイトルにもあるように、そう!!!

「反比例」の使い方です!!(‘Д’)(‘Д’)(‘Д’)

 

 

<これ>の使い方を間違っている人が多すぎる21世紀です!!(‘(‘Д’)(‘Д’)’)

結構TVに出ている人も結構間違って使っていたりします。

 

 

どんな感じで使われたりするかと言うと、

「勤務時間が長くなるほど、それに反比例して、仕事の効率も悪くなる」とか、

「あそこのお店は、値段に反比例して、料理の質が悪くなる」とか、

そういう感じで使われたりします。

 

 

上のを二つの文章を見て「え?何が変なの?」と思う<あなた>!!

こんにちの人の心が腐敗した世の中に騙されています!(‘Д’)(‘Д’)(‘Д’)

もう二度とオレオレ詐欺に遭わないためにも、何が違うのか、簡単にご説明しましょう!( ・`д・´)

 

びっくりする猫

(猫「世の中がこんなに腐っていたなんて!」)

反比例とは何か

 

例えば上の例ですと、

「勤務時間が長くなるほど、それに反比例して、仕事の効率も悪くなる」

というのは、言わんとする意味をくみ取るならば、

「勤務時間が長くなるほど、本当は仕事量が増えて欲しいけど、

実際は勤務時間が長くなるほど仕事効率が悪くなるから、仕事量が増えるとは限らない」

ということを言いたいのは分かります。( ˘ω˘ )

単純に「勤務時間が長くなると、仕事効率が下がる」という意味合いで言っている言葉です。

 

 

しかし!!

厳密に言うと「反比例」というのは「片方が増えたら、片方が減る関係」という意味ではないのです!(‘Д’)

 

 

厳密に言いますと、

反比例とは、二つの変数x,yについて、ある定数kが存在して、

y=\frac{k}{x}

の関係が成り立っている時「yはxに反比例する」と言います。

 

 

なのでここで大事なことは何かというと、

x>が2倍になると<y>は\frac{1}{2}倍になり、

x>が3倍になると<y>は\frac{1}{3}倍になる

ということです。

 

 

なので、上の例で、

「勤務時間が長くなるほど、それに反比例して、仕事の効率も悪くなる」

もしこれが正しいとすると、

勤務時間が2倍になると仕事効率は\frac{1}{2}倍になり、

勤務時間が3倍になると仕事効率は\frac{1}{3}倍になる、

ということになります。( ・`д・´)

 

 

実際、そんなに綺麗な関係になっている訳がありません。(´Д⊂ヽ

 

 

「あそこのお店は、値段に反比例して、料理の質が悪くなる」のだったら、

値段が2倍になったら、料理の質が半分になっているということです。

 

 

「反比例」という言葉が使われる時、「これ」結構あるあるなのです!!(; ・`д・´)

 

 

「反比例」を正しく使える世の中にしたい!!(´Д⊂ヽ

 

 

これからこのように「反比例」という言葉を使っている人がいたら、

是非その場で「ちょっ~~~っと待った~~~~」(・ω・ノ)ノと止めに入って、

<反比例の正しい使い方>について、レクチャーして差し上げて頂きたいです!!

 

 

そうしたら、もれなく「あ、この人面倒くさい人だ(‘ω’)」の称号を頂けると思いますよ☆彡(*‘ω‘ *)

 

 

【今日の二言まとめ】

1.22世紀には「反比例」という言葉を正しく使いたい!

2.「あ、面倒くさい人だ(‘ω’)」の称号が欲しい方は、是非チャレンジ☆彡

ドヤ顔猫

(猫「ネコはいつでも面倒くさい」)

 

【関連記事】

数学⑱:数学を理解する上で必要な能力とは?

数学から学べること⑮~「=」の感覚の違い~

コメントを残す