世界文化遺産三角西港ガイドツアー@熊本

 

ニイハオ、シンジュンです。(・∀・)

 

 

先日、熊本県宇城市にある最近世界文化遺産に指定された「三角西港」に行って来ました。(*‘ω‘ *)

総勢60人弱の大所帯でしたが、ガイドさんに案内してもらい、いろいろと説明を聞いて「なるほどな~」といろいろな発見があって面白かったです☆彡

 

 

今日は三角西港のレポートと、そこで聞いた話をご紹介します♪(・∀・)

 

ガイドのコースと料金・所要時間

 

まず行ってみて分かりましたが、(人数にもよりますが)ガイドをお願いすることをお勧めします。( ˘ω˘ )

というのは、ガイド無しに見て回っても、明治っぽいレトロな建物風景を楽しむことはできますが、

「へ~、レトロ~~」(*’▽’)

くらいで終わってしまうなと思います。(;^ω^)

やはり「意味」を分かって観ないと面白みもないなと思いました。(;^ω^)

 

【ガイドの料金と所要時間】

料金:1団体3000円(ガイドさん1人につき3000円とも言えます)

所要時間:1時間弱くらい

 

最初にこんな感じのマップを渡されて、回っていきました。(*‘ω‘ *)

 

三角西港散策マップ

 

下にフィルムのように書かれているのが「回るコース」です。

しかし実際に回った順番とマップの順番は違っていました。(;^ω^)

せっかくなので、実際に回ったコースをご紹介します☆彡

※ガイドさんの説明を聞きつつ回ったので、写真をいろいろ撮り忘れてしまいました。(-_-;)

 

石積み埠頭(国重要文化財)

石積み埠頭

これがマップの写真です。

以下が実際の写真。

石積み埠頭

 

国の重要文化財に指定されているそうです。

後で「龍驤館」という館に入りましたが、そこは今は資料館になっています。

そこに石積み埠頭の資料がありました。

横から見るとこんな感じになっているそうです。( ・`д・´)

 

石積み埠頭断面

こんな感じで「石を海中に沈めて積んで作った埠頭」だから「石積み埠頭」なんですね。(名前のままですが。(;’∀’))

この石積み埠頭ができたおかげで、ここが港町として栄えるようになったそうです。

 

排水路

三角西港:排水路

満潮時に海水を引き込み、干潮時に排水するように造られ。そこに道路側溝を流す天然の下水道の役割を果たす。

排水路がありました!

塩が満ちるとずっと奥まで海水が入ってくるそうです。

昔はここに生ごみなどをそのまま捨てると、それが引き潮の時に海に流れて行って、魚のえさになったそうです。

なるほど~~( ˘ω˘ )

 

旧高田回漕店(市指定文化財)

三角西港:旧高田回漕店

明治20年代に建てられた荷物・乗客を扱う回船問屋で、当時の面影を残す。平成10年に修復された。

 

明治維新を思わせる、昔ながらの木造建築でした。

中に入って、二階にも上がれます♪

なんか夏目漱石が住んでそうな雰囲気の建物でした。笑( ´艸`)

 

旧三角海運倉庫(国登録有形文化財)

三角西港:旧三角海運倉庫

明治20年に建てられ、荷揚げ倉庫として使われていた。土蔵造りの建物で、現在はレストランとして営業中。

写真を撮り忘れてしまったので、とりあえずマップの写真を。(;’∀’)

 

龍驤館(国登録有形文化財)

大正7年、明治天皇ご即位50年記念事業として宇土郡教育会が建設。現在は歴史ガイダンス室になっている。

中には「石炭」や「三角西港の歴史」「石積み埠頭の構造」などの資料がありました。

ゆっくり見たかったですが、ガイドさんの説明でざっくり見た感じで終わりました。(;’∀’)

興味ある方はガイド無しで、ゆっくり見られたらよいと思います♪

 

旧三角簡易裁判所弁護士等控室(国登録有形文化財)

三角西港:旧三角簡易裁判所弁護士等控室

平成4年に熊本県伝統工芸品に指定されている作品を展示する施設として改装

三角西港:旧三角簡易裁判所弁護士等控室

(映っているのは一緒にいった人たちです。いつもこんなに混んでる訳ではありません。)

三角西港:簡易裁判所

中に入ります。

すると小さい裁判所があり、いろいろ裁判官ごっこなどをして遊んで出てきました。( ´艸`)

三角西港:旧三角簡易裁判所弁護士等控室

 

10年前までは現役の裁判所として実際に使われていたと、ガイドさんが妙に何度も力説していました。笑

ちなみにこの「旧三角簡易裁判所」、映画「るろうに剣心 京都大火編・伝説の最期編」の撮影にも使われたそうです。(‘Д’)

病院のシーンとして出てくるとか。

自分は見たことがないので分かりませんでしたが、知り合いに写真を見せたら「あ、分かる分かる」と言っていました。

昔はここで子供の裁判も行われていたそうです。(‘Д’)

 

九州海技学院(国登録有形文化財)

三角西港:九州海技学院

門の脇にこんな標識も立っています。

三角西港:九州海技学院

 

今は学校として使われているらしく、私たちが行った時にはちょうど国会試験(?)が行われていて、室内までは見れませんでした。(-_-;)

綺麗な水色がとても印象的な建物でした。

 

浦島屋

三角西港浦島屋

文豪・小泉八雲が立ち寄った当時の旅館を写真を元に復元したもので、「夏の日の夢」という紀行文に当時の様子が紹介されている。

ここ「浦島屋」が最後でした。今は喫茶店(レストラン?)になっています。

外側も綺麗ですが、内装もとても綺麗で、明治維新あたりのちょっとヨーロッパをかじったようないい感じの雰囲気のお店でした!

今回はこのお店の2階をそのまま貸して頂いて、参加者で出し物をしたりといろいろイベントをしました☆彡(*‘ω‘ *)

お店の方も気軽に貸して下さって感謝です!

三角西港に行かれた際には、是非お勧めのお店です☆

 

三角西港:浦島屋

(夕陽がきれいでした♪)

三角西港に行ってみた感想

 

明治の頃を思わせるハイカラな建物が並んでいて、とても魅力的な街並みでした☆彡(*‘ω‘ *)

ドラマ「坂の上の雲」の撮影でも使われたそうで、住人の人もエキストラとして撮影に協力したと言っていました。

 

 

写真が好きな方にもおすすめの写真スポットだと思います♪(*‘∀‘)(自分もスマホでしたが、いろいろいい写真が撮れました)

海がすぐなので、潮風も気持ちよい場所です。

そんなに広くないので、お年寄りの方でも大丈夫かと。(・∀・)

 

 

「少しのことにも先達はあらまほしきことなり」という言葉もありますが、

個人的にはガイドさんをお願いすることをお勧めします。( ˘ω˘ )

やはり説明されないで見ても、意味と経緯がよく分かりません。(-_-;)

私は団体50~60人くらいで行ったので、ガイドさん1人お願いしても安かったです。

 

 

今回の旅行でいろいろ学んだことがあるのですが、それはまた別の機会に記事にできたらと思います。(*‘ω‘ *)

特に「地理」というものについて深く考えさせられました!( ˘ω˘ )

 

 

三角西港、ご興味ある方は是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか?(*‘ω‘ *)

 

三角西港

 

コメントを残す