最もよく「使う」プレゼント

最もよく「使う」プレゼント

 

人は誰でも、誰かからプレゼントをもらったり、

またプレゼントをあげたりする。

 

 

その中でも

<とても喜ばれるプレゼント>があり、

<あんまり喜ばれないプレゼント>があり、

<すごくよく使われるプレゼント>があり、

<あまり使わないプレゼント>がある。

 

 

どうせプレゼントするならば「喜んでもらえるプレゼント」「使ってもらえるプレゼント」をあげたいと思って、

個人的にプレゼントしたり、またはプレゼントをもらったりする機会がある時に、いつもよく考えてみるようにしている。

(以前もプレゼントについて書いたことがある。こちら

 

 

 

 

自分が一番よく使っているプレゼントは…

 

そんな中ある時、

「これ、自分がもらった物の中で、一番よく使っているプレゼントだなー」(‘ω’)

とふと気づいた物がある。

もっと値段的に高いプレゼントも他にあるし、

もっともらって嬉しかったものもあるだろうけれど、

単純に「使っている」という点では、ほぼ毎日のように使っている物がある。

 

 

 

それがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

名前は「マグカップカバー」とでもいうのだろうか?

 

 

自分は飲み物を飲む時に時間がかかる時(例えば何か作業をしながら飲む時など)は、

空中の埃が飲み物の中に入ってしまうので、それが気になり、とりあえず暫定的な対処として、ティッシュをかぶせていた。

しかしそれを見たある知り合いが、ある時このマグカップカバーをくれた。

 

 

「おお、さすが21世紀にもなると、こんな便利な物があるんだな!!」(*‘ω‘ *)

と喜んだ。

使ってみると非常に便利☆彡

 

 

紅茶が好きで、ほぼ毎日のように飲んでいるため、このマグカップカバーも毎日のように使われている。

恐らく日本中で一番働いているマグカップカバーの一つだろうと思う。

使い始めて1年くらいは経っただろうか。

現役引退する時には、退職金も出してあげようと思うくらい働いてくれている。

 

 

 

相手のためのプレゼント

 

プレゼントは相手のために贈るもので、

相手に喜んでもらうために贈るものだろう。

だからこそ大事なことは「自分があげたい物」ではなく、

相手の立場になって考えることは基本として大事なことだ。

 

 

「相手の立場になって考えましょう」ということは、小学生でも聞いたことがある話だが、

これを実際にすることはとても難しい。(+_+)

実際にいろいろな人と接してみると、どうしても「自分の立場から見た相手の立場」を考えてしまうことが多い。

<自分が見ている相手の立場>と<相手の立場>はかなり異なることが多い。

 

 

そう考えると、プレゼント一つも難しいなといつも思う。(´・ω・`)

 

 

自分は一体どれくらい喜ばれるプレゼントをあげられただろうかと考える。

もちろん「気持ち」が最も大事だが、どうせなら、使ってもらいたいし、喜んでもらいたいと思う心だ。

 

 

このマグカップカバーは一体いくらなのだろう?

500円くらい?

でも500円くらいのプレゼントでも、こんなに毎日使われる物だった。

 

 

相手のことをよく見て、

よく考えて、

こういうちょっとした<隙>というのか、

<ツボ>とも表現できるような部分に気づいて、

そこをサッと助けてあげるような人になりたいなと思う。

 

 

目指すは

「かゆいところを掻いてくれる人」

だ。

 

 

すごーく痒かった訳ではないけれど(笑)

小さい痒いところを掻いてくれた友人T.A君に感謝する。

 

 

最もよく「使う」プレゼント” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す