新しい道に行ってみる?やめておく?~道と人生~

新しい道に行ってみる?やめておく?~道と人生~

 

 

どうもこんにちは、シンジュンです。

今日は楽に「ですます調」で書いてみます。(*‘ω‘ *)

特に「~だ調」の書き方にこだわりがある訳ではないので。

(サイエンス的な内容を語る時は「~だ」のような断定口調の方がかっこいい感じなので、そちらを採用したり。笑)

 

 

さて、今日は最近あった「道」に関する二つの出来事をご紹介。

全然違う日にあった出来事ですが、二つを重ねて合わせてみると、なかなか面白いなと思いました。(*‘ω‘ *)

 

線路と信号機

その1「道を間違える」

 

熊本に引っ越して3か月になりました。

くまモンにもようやく愛着がわいてきた今日この頃です。(‘ω’)ノ

移動は主に自転車で、ようやく方向音痴の私でも、地図を見なくても目的地にたどり着き、無事に帰って来れるくらいにはなってきました。(‘ω’)

 

 

さて先日、昼間家に帰ろうと自転車をこいでいましたが、どこで間違ったか、いつもと違う道へ入ってしました。

 

 

「でもまあ、家の方向は分かるから、大体あっちの方に進めば大丈夫だろう」(‘ω’)

と思って、そのまま進んでいきました。

 

 

すると、以下の写真のような分岐路に来ました。

 

 

で、私の家の方向は左側の方向です。

 

 

そして右の方の道を見ると、奥で右手に曲がっています。

 

 

つまり、「自分の行きたい方向とは真逆」に行くことになる訳です。

 

さてこの二つの選択肢を出されたら、どちらに行きますか?(´・ω・`)

当然、左の家の方向の道へ行くでしょう。

 

 

それでそのまま特に何も考えずに、左手の道へ行きました。

 

 

どんどん進むと、奥でちょっと左手に折れます。

曲がってみると、、、

 

 

はい、行き止まり。((((oノ´3`)ノ

 

 

完全に騙されました。⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

 

道が左に折れていく時「あ、ちょっと方向違うな~」とは思いましたが、まさか「行き止まり」になるとは思いませんでした。(;´・ω・)

 

 

それで戻ってきて、先ほどの分岐点を、おとなしく右手に行ってみました。

行ってみると、一時的に右手に折れて、家とは反対方向でしたが、それでもそちらの道が正解でした。

 

 

いや~、こういうこともあるんだなと。(´・ω・`)

 

① 家の方向に伸びている道

② 家とはちょっと違う道で、奥を見ると家と反対方向に曲がっている道

の二択を迫られたら、誰でも①の家の方に伸びている道に行くだろう!と一人でツッコミを入れていました。(´・ω・`)

正直、地図がないと分かる訳ないじゃん!という感じでした。

 

 

その2「道を見つける」

 

また別のある日、ランニングに出かけました。

 

 

ずっと走って行って、ある道に出ましたが、そこは自分がよく通る分岐点でした。

それが以下。

 

写真だとちょっと見ずらいですが、

①まっすぐ行く道と

②右手に90°に折れる道

があります。

近づくとこんな感じ。

 

ここはいつも自転車で通っている道ですが、いつもはここを「直進」します。

右手を見るとこんな感じの住宅があります。

 

この分岐点を直進して、奥の道を右に曲がるのですが、写真で行くとこんな感じです。

ここをまっすぐ行って、、、

ここを右に曲がって、、、

まっすぐ行くと、、、

こんな感じに進んでいきます。

先には線路があります。

奥を見ると右側から入ってくる道がありますが、写真で見るとこんな感じ。

 

いつもはこんなコースを自転車で通っていくのですが、

この日はランニング中だったので、ふと「今日はちょっと違う道を行ってみるか」と思い、先ほどの分岐点を右に90°曲がってみました。

ここを右に曲がってみると、、、

進んでいって、、、

奥に進むと、、、

この道の奥を左に曲がります。

また進むと右に曲がるようになっていて、、、

右に曲がって進んでいくと、、、

ここに出てきて、、、

 

ここにたどり着きます。

つまりさっきと同じ地点に到着した訳です。Σ(・□・;)

(写真だと見ずらくてすみません)

 

地図で見てみると、、、

このようにいつもは地図のように「L字」に進んでいきますが、

ランニングの時は上の方のクネクネした道を進んでいった訳です。

 

 

すごく小さな違いですが、実は行ってみると結果

「こっちの道の方が断然良かった!」のでした。Σ(・□・;)

 

 

というのは、いつも通っている道は普通の道路なので、車の行き来が結構激しく、道も狭いのでいつも通りにくいのです。

しかし今回通った道は住宅地ということもあり、車がほとんど通りません。

さらにいつもの道はアップダウンが大きいのに対して、

今回の道はアップダウンが無く平坦な道でした。

 

 

「こっちの方が全然いいじゃん!!」Σ(・□・;)

という訳で、見つけて以来、毎日自転車でもそちらの道を通っています。

この部分に関しては非常に快適になりました。(*‘ω‘ *)

 

 

教訓

 

一番目と二番目は正反対な出来事でありながら、教訓的だなとも感じました。

 

 

一番目の出来事のように、

パッと見たら、どう考えても左の道の方が正しく見えるし、右の道は反対に進むように見える。

しかし実際は反対に進むように見える道が「正解」でした。

 

 

二番目の出来事は、

普段いつもは通り慣れている道を行くものですが、

ふとした瞬間、いつもと違う道を行ってみると「もっと良い道」がありました。

いつも通っている道よりも<もっといい道>があっても、行ってみないと分からないものです。(´・ω・`)

 

 

よく人生を「道」に譬えたりしますが、人生の道もこのようなだなと。(´・ω・`)

 

 

一見すると、左に行くべきで、右の道は反対方向に行ってしまいそうでも、実は右に行くべき時がある。

人生でも、一見すると、

そちらに行ってはいけないように見えて、

そちらに行ったら遠回りになるように見えて、

実はそちらに行かなければ前に進めなかったりすることがあるのではないでしょうか?

 

 

しかしどうしても人間なので、将来のこと全部は分からないし、行ってみないと分からないことが多いですが、

それでも、時には「周り道に見える道」「反対方向に進みそうな道」を選択しなければならない時もあるようです。(´・ω・`)

 

 

そして、自分が通っている道が良さそうでも、もっといい道が隣にあるかもしれません。

自分が今やっていることも、

もしかしたら<もっといい方法>が

もしかしたら<もっといい選択肢>が

あるかもしれません。

 

 

しかしそういう<新たな可能性>というのは、

普段はなかなか見えてこないもののようです。(´・ω・`)

自分もランニングの時に見つけました。笑

 

 

心に余裕がある時、

少し立ち止まって、新たな道を探してみる心のゆとりがある時、

普段とは違う人生の選択肢に挑戦してみてはいかがでしょうか?(*‘ω‘ *)

 

 

 

【今日の三言まとめ】

1.一見そちらに行ったらダメそうな道でも、実はそちらが正解なことがある

2.普段通う道よりも、もっといい道があっても、行ってみないと分からない

3.二つの道の合流地点で「あげたこ」を売っているそうなので、今度一度食べてみたい

 

 

新しい道に行ってみる?やめておく?~道と人生~” に対して1件のコメントがあります。

  1. とても面白い内容だと思いました。自分もときどきランニングしている時にそのような経験あります!!!

    1. シンジュン より:

      ありがとうございます☆彡(*‘ω‘ *)

      ランニングしてたり、散歩してたりする時、ふといつもと違う道に行ってみたら良かったということありますよね。^^

      人生においても、そういう機会を掴みたいものです。^^

  2. 鹿児島の西郷ど~ん より:

    いやぁ、道、深いです!
    そして、最後のオチもさすがです!

    1. シンジュン より:

      (・∀・)

コメントを残す