目標を立てる意味


明けましておめでとうございます、シンジュンです☆彡(・∀・)


2019年になりました!
2018年もあっと言う間に過ぎていったので、
きっと2019年もあっと言う間に過ぎていくのでしょうね。(;・∀・)


私は師匠から
「いつも目標を立てないといけない」
と教えて頂きました。( ˘ω˘ )


しかし2019年が始まっているにも関わらず、
まだ今年の目標が定まっていない今日このごろです。(-_-;)


年始ということで、

「目標を立てると何がいいのか?」
今日は少しだけ書いてみたいです。(‘ω’)ノ


<基準>を立てる


「<目標>を立てる」
というのは、
別の言葉でいうと「<基準>を立てる」とも表現できます。


実は、
「自分の中にこの<基準>があるかどうか」ということは、
自分の人生のおいてとて~~も大事なポイントです。(; ・`д・´)



各分野で成功している人たちというのは、必ず!
自分の中にこの<基準>というものを持っています。( ˘ω˘ )


<基準>というのは、そのそのまま「自分の中の基準になるもの」。


別の表現をするなら<基本>
<基本>とは
「これ以上は落ちることがない、守るべき最低ライン」
「当然備えているべきもの」
です。


朝起きることを一つ例にとると、


「朝6時には起きる」というような<基準>がある人と、
特に朝起きる時間の基準がない人がいます。

そうすると、この二人は明らかに起きる時間に差が出ます。(; ・`д・´)


営業の人たちの中にも
「一日に少なくとも10件は営業先を回る」というような<基準>を持っている人と、
特に何ももっていない人がいます。


そうすると、この二人の営業成績には少なからず差が出ます。

(もちろん、類まれなる才能を発揮して、特に基準を持たないでやってもうまくいくスーパー営業はいるかもしれませんが。(-_-;))


この二人は簡単な例ですが、
その人が「どういう<基準>を持っているのか」が、その人の生活の水準をある程度決定してしまいます。( ・`д・´)


学校のテスト一つ受けるにも、
「100点をとるぞ!」「80点は取ろう!」という<基準>をもって勉強する人と、
特に何も持たないで勉強する人には、やはり差が出ます。


「自分の中にどれだけ高い<基準>を置けるのか」
というのが、成功の鍵を握っています。( ・`д・´)


あなたは普段の生活の中で、どういう<基準>をもって生活されていますか??(・∀・)


山の頂上のゴール

目標を立てる意味


「目標を立てる意味」について書いているのでした。(‘ω’)


先ほども書いたように、
「目標を立てる」=「(自分の中に)基準を立てる」
と表現できます。


これがあるのと無いのとでは、
行ないに、生活に、明らかな差が生じてきます。


運動場のトラックをぐるぐる回るとして、
特に目標もなく走ったら、7周くらい走ったところで、
「ああ、もう疲れたからやめよう」
となります。( 一一)


目標もないので、特に頑張る理由、モチベーションもありません。( ˘ω˘ )


しかし仮に「目標10周!!」と目標を設定して走る人は、
7周目くらいになって辛くなってきても、
「目標10周って立てたから!」( ゚Д゚)
と、もう少し頑張ろうとする力が自ら湧いてきます。


適当に、なんとな~~く立てた目標ではダメですが、


自分の中でしっかりと考えて立てられた目標は、自分に<力>を与えてくれます。(*’▽’)


「ここ」に、
目標を立てる意味と価値があるなと、いつも感じます。( ˘ω˘ )


最後に


<年始>の良いところは、
「1年」という単位で物事を考えられるところですね♪


3月4日に「これから1年どうしよう」というのは、あまり考えません。(;’∀’)


全然考えてよいのですが、考えません。笑

そういう意味で<年始>というのは、よい<機会>と言えます。(‘ω’)


<年始>という機会を掴んで、
2019年全体を俯瞰してみて、
今年の目標を立てるスタートを切る日にして頂ければ☆彡(*‘ω‘ *)


【今日の二言まとめ】

1.目標を立てること=基準を立てること

2.父は「年始にはカニを食べる」という基準を立ててます。笑


「そんな基準いらん」








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です