「時間とお金を得るために」の矛盾


アニョハセヨー、シンジュンです。(・∀・)


2019年が始まって、新年なかなかバタバタとしていましたが、ようやく少し落ち着きました。( ˘ω˘ )


今日は去年の暮に、ある大学生の子と話しました。


その子はいわゆる「意識高い系」(明確な定義は分かりませんが)のような子で、決して安くない金額を払ってビジネススクールに通っている子でした。( ・`д・´)


その子と話した時のことを書いてみたいです。( ˘ω˘ )


時計とお金

なぜビジネスをするの?

その子に「どうしてビジネススクールに通っているの?」と聞いてみました。(‘;’)


その子の答えは、
自分がやりたいことを考えた時に、やりたいことをやるためには<お金>と<時間>が必要だと思ったそうです。

それで<お金>と<時間>を得るためにビジネススクールに通っているんだとか。


ふむ、分からない話ではありません。

実際ビジネススクールに通っている人の中でも、同じように思っている人は多いのでは。(‘;’)


しかし、それを聞いて疑問に思ったのが、、、


<お金>と<時間>を得るために、

今、<お金>と<時間>を使っている!!

という点でした。(;´・ω・)


一見すると、なんだか矛盾しているような行為です。(;’∀’)


時間とお金に苦しむ男性

お金と時間を効率的に得る


もちろんこれは「<お金>と<時間>を効率的に得るために学ぶ」ということでしょう。


将来的に「少ない時間投資で、大きなお金を得られる状況・環境を作りたい」という思いであることは理解できました。


誰でもそういう環境があれば嬉しいものです。(‘ω’)


しかし考えてみると、
そういう望ましい環境ができるのには、それなりの<時間>がかかります。(;’∀’)


例えば<50歳>でそういう状況ができたとして、
50歳以降は少ない時間投資で、大きなお金を得られるようになったとして、
疑問点が二点ありました。(‘;’)

一つ目、
50歳でそういう状況になったとしても、

「ああ、これで少ない時間で、大きなお金を得られるから、これからは仕事は少しだけして、残りの時間を自分の好きなことをしよう」

ということをしている人を、私は知りません。(;’∀’)


理論的にはそうしても良さそうですが、
実際にそういうことをしている人を見たことがありません。(いるとは思いますが)


むしろ、そういうお金をバリバリ稼いでいる人ほど、
普通は定年退職する年齢でも、続けて働いています。(^^;)


二点目、
50歳になって、<お金>と<時間>をたくさん得たとして、

それでいいでしょうか??( ゚Д゚)


50歳くらいになってくると、もう運動もしにくくなり、体も弱ってきます。



「50歳から感じる楽しみ」というのも、もちろんあるとは思いますが、

しかし一番若く、感覚も鋭利な20代30代を、「お金と時間を得るために」に使ってしまってよいのでしょうか??(-_-;)

昔は「人生50年」と言ったので、昔だったら、

「よっしゃ!これから時間とお金を使ってやりたいことやるぞ!!」と思ったら、もう死ぬ年でした。(^^;)


この話を聞いた時、
ミヒャエル・エンデの「モモ」の中に出て来る「時間泥棒」の話を思い出しました。
もしご存知ない方は、見てみて下さい。(‘ω’)

ビジネススクールに通うこと自体が悪いということではないのですが、

<お金>と<時間>を効率的に得るため!!

という目的ならば、もう一度考え直した方が良いなと思いました。(^^;)


私は、

人生というのは「やりたいことリストを埋めていくこと」ではない

と思っています。


これを読んで、

あなたの人生の大切な<時間>をどこに使うべきか、

考えるきっかけになれば、幸いです。(*‘ω‘ *)


【今日の二言まとめ】

1.時間とお金を得るためだけに、時間とお金を投資しない。

2.人生50年時代にビジネススクールは無い。

原っぱで風船で遊ぶ女の子

【関連記事】

物を買うために費やした人生の一部~ホセ・ムヒカ大統領の講演~

「世界をまたにかけること」の良し悪し



コメントを残す