<クロノス>と<カイロス>~2つの時間の概念~

<クロノス>と<カイロス>~2つの時間の概念~

 

アニョンハセヨ~、シンジュンです。(・∀・)

 

 

ギリシャには<時間>を表す言葉が2つあったそうです。

それが<クロノス(χρόνος)>と<カイロス(καιρός)>という2つ。

 

今日はこの二つの違いから、私たちの人生の時間の使い方について考えてみたいです。(*‘ω‘ *)

 

2つの<時間>を表す言葉

 

<クロノス(χρόνος)>と<カイロス(καιρός)>

この二つの訳はいろいろ考えられますが、ざっくりと言うと、

クロノス(χρόνος)→絶対的な時間

カイロス(καιρός)→相対的な時間

と表現できるのかなと思います。( ˘ω˘ )

(翻訳によっては「クロノス→時間、カイロス→時刻」と訳している場合もありました)

 

 

クロノス(χρόνος)は「絶対的な時間」を表します。

つまり1日が24時間であるように、全ての人にとって同じく流れていく「一定の時間の幅」を表しています。

「物理的な時間」と表現してもよいのかなと。( ˘ω˘ )

 

 

一方カイロス(καιρός)は「相対的な時間」を表します。

これは人それぞれ体感する「主観的な時間」を表しています。

例えば、人が自分の好きなことを熱中していると1時間が20分くらいに感じられたりするし、

自分の嫌いな授業を受け入ていると、90分が180分に感じられたりもします。

「意識的な時間」と言ってもよいかと思います。( ˘ω˘ )

 

 

これに関してはかの有名なアルバート・アインシュタインがわかりやすく説明してくれています。(*‘ω‘ *)

アインシュタインが相対性理論について聞かれた時に、こう説明したそうです。

 

熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。

まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。

ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、

一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです。

– アルベルト・アインシュタイン

 

 

色気なく説明すると(笑)

ストーブの上の1分は「クロノス」であり、

1時間に感じられるのは「カイロス」ということになりますね。( ´艸`)

 

クロノスとカイロスは異なる

 

非常に興味深いのは、ギリシャ人たちがこの二つの概念を「持っていた」という点です。(‘Д’)

 

 

常々話していることですが「言葉がある」ということは「概念がある」ということを意味してます。

逆に言えば「言葉がない」ということは「概念がない」ということになります。(‘Д’)

 

(ある時日本語の書籍をイタリア語に翻訳する仕事をしている友人と話していた時、

言葉・言語に興味があるので、いろいろと質問をしていました。(・∀・)

その中で「イタリア人は悔しがらない」ということを発見し、確かめてみたら、本当にそうだったことを覚えています。笑

とても不思議でした。

これはまたいつかどこかで書けたらと思っています。(・∀・))

 

 

私たちが生きる上で、<クロノス>と<カイロス>を使い分けるシーンというのはそれほどありません。(‘Д’)

しかし実際たくさん「体験」はしていますね。(・∀・)

 

 

例えば、学生が夏休みを2か月間過ごしたとします。

<クロノス>としては間違いなく「2か月間」過ごしましたが、

<カイロス>としては「特に残っているものがなくて」短く感じる人もいるだろうし、

「ダラダラ過ごしていたので」長く感じる人もいるだろうし、

「たくさんのことをして、たくさんのことが残っているので」長く感じる人もいるだろうし、

時間の感じ方は人それぞれです。( ˘ω˘ )

 

 

個人的にとても興味があることがあります。( ˘ω˘ )

 

 

自分が80歳のおじいさんになった時、

つまりは人生を生きて黄昏時になった時、

<クロノス>としては80年という物理的時間を過ごしましたが、

<カイロス>としては、一体何年間生きたように感じるのだろうか?という点です。( ˘ω˘ )

 

 

時間はいつも、過ぎ去ってみれば一瞬です。(‘Д’)

 

 

できれば80歳の老人になった時に、

「ああ、自分の人生はもう800年くらい生きた気分だ。

もう十分、やるべきことはやって生きた!」

と、自信を持って言える人生を生きたいといつも思います。(*‘ω‘ *)

 

 

ギリシャ人の知恵を借りて、

残された<クロノス>の時を

10倍100倍<カイロス>として使って、

人生でやるべきことを、

やっていきたいものです。( ˘ω˘ )

 

 

【今日の二言まとめ】

1.クロノスは「絶対的な時間」、カイロスは「相対的な時間」を表す。

2.「クロノス」「カイロス」ってRPGゲームに出てきそうで、かっこいい響き☆( ・`д・´)

【関連記事】

3つの時間の使い方

時間における<戦略>と<戦術>

木の剪定の<目的>とそこから得られる<教訓>

<クロノス>と<カイロス>~2つの時間の概念~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す