なぜ年を重ねると全力を尽くせなくなる?~露ワールドカップを終えて~

 

サワディカップ~、シンジュンです。(・∀・)

 

 

ずっと書こう書こうと思っていたのに、なんだかんだで忘れていました。(;’∀’)

ロシアワールドカップが終わって久しいですが、(遅!)

日本の健闘を称えて、ワールドカップ「日本vsベルギー戦」を見た時に学んだこと、感じたことを書かせて頂きます。( ˘ω˘ )

 

 

グランドにサッカーボール

日本vsベルギー戦を観て

 

時差で日本での放映時間が夜中になってしまったので、日本vsベルギー戦を生で観ることはできなかったのですが、後でダイジェスト版を観ることができました。(‘ω’)

文明の利器様様です。(*‘ω‘ *)

21世紀万歳!(*‘ω‘ *)

 

 

ご存じの通り、最初に日本が2点先取、その後3点ベルギーに取り返されて、最終的に2-3で敗北という結果でしたが、世界各国で日本の健闘っぷりは話題になっていた(いる)そうです。(T_T)

 

 

その<結果>自体ももちろん大事ですが、

私がすごく心打たれたのは、試合直後の選手の姿でした。( ・`д・´)

 

 

全員が映っていた訳ではありませんでしたが、

試合終了後、そのままピッチで倒れて天を仰いでいる姿がありました。

 

ワールドカップ日本

 

その姿を見た時に、

 

「ああ、本~当に<全力>だったんだな」

 

と感じざるを得ませんでした。( ・`д・´)

 

 

ワールドカップ自体は4年に1度ですが、

「また来年もある」とかそういうことではなく、

この一試合に全力を尽くして、試合が終わって倒れている姿を見ました。

 

 

<全力>を出し切った姿を見ながら、

その時、自分を振り返りました。( ˘ω˘ )

 

 

「最近自分は、終わって、そのまま倒れてしまうほどに、何かに<全力>を尽くしたことがあっただろうか??」(‘Д’)

 

 

あなたはいかがでしょうか?(‘ω’)

 

 

トラ

(虎「俺、狩りの後はいつも倒れてる」)

年を重ねるごとに全力を尽くせなくなる

 

2018年現在で、私自身はまだ若い方ですが、

それでも過去と比較して、年を重ねるごとに「全力を尽くしにくくなっている」ということを感じます。( ˘ω˘ )

 

 

なぜかというと、年を重ねるごとに物事に対する<責任>が重くなってきます。

それと同時に「常に一定のパフォーマンスを発揮すること」を求められるようになるからです。( ˘ω˘ )

別の言葉で言えば「失敗できない」状態に。(;’∀’)

 

 

学生の頃は無理して徹夜して、次の日学校に遅刻しても「てへぺろ☆(・ω<)」で済みますが、

社会人になったら、そういう訳にはいかなくなります。(‘Д’)

 

 

何も持っていない時は、失うものがないので果敢に<無謀なチャレンジ>もできますが、

何かを得て持つようになると、それを失ってはいけない<リスク>つまりは<責任>が生じるので、

一見無謀に見えるチャレンジをしにくくなるのは事実です。(‘Д’)

 

 

そういう意味では、

年を重ねても「なるべく何も持たない生き方」をしたくなる気持ちも分かります。( ˘ω˘ )

(例えば家庭、子供、肩書、名誉、職責などなど)

 

 

今回のワールドカップの試合を見て、

私自身も「常に一定のパフォーマンスを求められる」がゆえに、

ある意味、後のことを考えずに、その瞬間に出し切る!というようなことが、できなくなっているな~ということを感じました。( ˘ω˘ )

 

 

それと同時に、、、

 

 

 

それでいいのか!!!(´Д⊂ヽ

 

 

 

という思いも、めっちゃ湧きました。(‘Д’)(ガオー

 

 

 

サッカーにおいて<攻守のバランス>が大事なように、

人生においても<攻守のバランス>をうまくしたいですね!

 

 

年を重ねるほど<守備>に重点を置きがちになってしまいますが、

だからこそ年を重ねるごとにもっと<攻撃>しつつ、

果敢に生きていきたいなと感じさせられた出来事でした!

 

 

<安定>はしても<安住>はしないぞ!(‘Д’)

ガオーー

 

 

【今日の二言まとめ】

1.<安定>はしても<安住>はしない

2.「てへぺろ」はもう古い。(‘Д’)

アインシュタイン

(アインシュタイン「てへぺろ!」)

 

【関連記事】

<機会>は瞬間だ

箱根駅伝国学院あと5秒の重さ~もう少しが運命を分ける~

バッティング時の心の姿勢~野球から学んだこと~

 

 

 

コメントを残す